• トップ
  • ニュース一覧
  • かつての本拠地で大ブーイングを浴びたアーセナルMFライス、ゴラッソ直後の振る舞いは古巣に敬意【現地発】

かつての本拠地で大ブーイングを浴びたアーセナルMFライス、ゴラッソ直後の振る舞いは古巣に敬意【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月13日

ウェストハムに6-0で圧勝

ウェストハム戦で見事なミドルを叩き込んだライス。(C)Getty Images

画像を見る

 2月11日、ロンドン・スタジアムで開催されたプレミアリーグ第24節ウェストハム対アーセナルの試合を取材した。

 今シーズン、ウェストハムはアーセナルを2度、破っている。カラバオカップ4回戦ではホームで3-1の勝利。昨年末に行なわれたリーグ戦は敵地で2-0の快勝だった。

 今回のホームでの一戦でウェストハムは、大勢の熱狂的なファンの前でプレーした。しかし、チームの中心選手であるルーカス・パケタが負傷により欠場。私は、ハマーズがアーセナル相手に3連勝を挙げられるとは思えなかった。

 一方のアーセナルは前節、首位のリバプールに3-1で勝利した直後の試合だ。アジアカップを終えてチームに帰ってきた冨安健洋のプレーを見たかったが、ウェストハム戦ではメンバー外。復帰にはまだ少し早かったようだ。
【動画】まさにスーパーゴール!ライスが古巣相手に鮮烈ミドル!セレブレーションは…
 そしてウェストハム対アーセナル戦での注目はやはり、昨年の夏にウェストハムからアーセナルに移籍したイングランド代表のMFデクラン・ライスだろう。カラバオカップでの対戦では、古巣のファンから彼へのリスペクトが感じられたが、昨年末のエミレーツでの一戦では、彼に対するファンの敬意はほとんどなかったように感じた。

 実際に今回もライスがボールを持つと、ハマーズファンから彼に大ブーイングが浴びせられた。しかし65分、25歳のMFはそれを吹き飛ばすかのように、ペナルティエリア手前から見事なミドルを叩き込んだ。得点後、ライスは古巣への敬意を表してゴールセレブレーションを行なわなかった。

 結局、アーセナルが6-0の圧勝。ウェストハムのファンにとっては悪夢のような試合になった。

文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

著者プロフィール
スティーブ・マッケンジー/1968年6月7日、ロンドン生まれ。ウェストハムとサウサンプトンのユースでプレー経験がある。とりわけウェストハムへの思い入れが強く、ユース時代からのサポーター。スコットランド代表のファンでもある。大学時代はサッカーの奨学生として米国で学び、1989年のNCAA(全米大学体育協会)主催の大会で優勝した。現在はエディターとして幅広く活動。05年には『サッカーダイジェスト』の英語版を英国で出版した。

【記事】アジア杯帰りの冨安健洋はなぜベンチ外? アルテタ監督が説明「日本代表から戻ってきた時…」 アーセナルはウェストハムを6発粉砕 
 
【関連記事】
アジア全体のレベルは上がった? 中村俊輔は「分からないな」。自身は連覇を経験「俺らの時だってギリギリで勝った」
アジア杯帰りの冨安健洋はなぜベンチ外? アルテタ監督が説明「日本代表から戻ってきた時…」 アーセナルはウェストハムを6発粉砕
「ひどい傷だ」危険タックルを受けた南野拓実の痛々しい“傷痕”にファン驚き!「すね当てをしてなかったのか?」
「残念な上昇幅だ」最新FIFAランク展望に韓国メディアがっかり...森保ジャパンにも言及「アジアでは1位を維持する見込み」
「非常に悪い気分だ」連覇中のブラジル、まさかのパリ五輪予選で敗退。勝者のアルゼンチンはメッシを招集?「説得するために電話しているだろう」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ