• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本は本気だったのか?」「全くの予想外」森保Jの8強敗退に現地海外記者も驚き。「アジアで最高のチームなのに、メンタリティはそれほどでもなかった」【現地発】

「日本は本気だったのか?」「全くの予想外」森保Jの8強敗退に現地海外記者も驚き。「アジアで最高のチームなのに、メンタリティはそれほどでもなかった」【現地発】

カテゴリ:日本代表

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年02月06日

「難しい試合などないと思っていたぐらい」

まさかのベスト8敗退となった森保ジャパン。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 3大会ぶりの優勝を目ざしてアジアカップに臨んだ日本代表は、準々決勝でイラン代表に1-2で逆転負けを喫し、ベスト8で敗退した。

「優勝候補筆頭」の敗北には、現地で取材する海外記者からも驚きの声があがった。イエメンのサミ・アリ記者は「日本はナンバーワンだと思っていたので、この段階で敗退するとは全くの予想外だった。(1-2で敗れた)イラク戦の前までは、難しい試合などないと思っていたぐらいだよ」と話す。

「詳しい理由は分からないけど、監督やナショナリティの問題だと思う。選手のクオリティは非常に高い。 日本の選手たちはほぼヨーロッパでプレーしている。なのに、なぜ彼らがこの大会で良い成績を残せなかったのか分からないよ。イラクに負け、イランにも敗れた。日本は本気だったのかと思うよ」

【PHOTO】華やかコスチュームでエール! 大会を彩る韓国女子サポを特集!
 同記者は「日本はとても素晴らしいチームで、アジアで最高のチームだ。なのに、メンタリティはそれほどでもなかった。心は決勝に行っていたのかもしれないね」と、精神面の弱さを指摘した。

 海外メディアからも別格の強さだと思われていたチームが、あっけない幕切れだった。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]

【記事】「敗因は自分」「ピッチに立つ資格がない」痛恨PK献上の板倉滉が謝罪。試合終了後は一人で即ロッカールームへ

【記事】アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】
【関連記事】
【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]
【セルジオ越後】イランに後半は手も足も出ず完敗。ドイツやスペイン相手の勝利は消えたようなもの。やり直すために実力を認めるしかないよ【アジア杯】
アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】
「周りの選手も引っ張られてしまった」8強敗退の森保ジャパンに元日本代表MFが見解「ケガをしないか?が心配」【アジア杯】
「決勝で日韓戦が見たかった」なぜ“ライバル”韓国の記者が森保Jの敗退を嘆くのか。「日本は危機に陥った時に修正する能力が低かった」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ