• トップ
  • ニュース一覧
  • 「26人の烏合の衆」「50%の力しか出していない」4強敗退の韓国代表を母国の取材記者が断罪!「最大の敗因は...」【現地発】

「26人の烏合の衆」「50%の力しか出していない」4強敗退の韓国代表を母国の取材記者が断罪!「最大の敗因は...」【現地発】

カテゴリ:国際大会

江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

2024年02月08日

「韓国サッカーの限界を表わしている」

ヨルダンに敗れ、まさかのベスト4敗退となった韓国代表。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部/現地特派)

画像を見る

 2月6日に開催されたアジアカップの準決勝で、64年ぶりの戴冠を目ざした韓国代表は、ヨルダン代表と対戦。格下に0-2で完敗を喫し、2大会ぶりのファイナル進出を逃した。

 前半から相手の勢いに押されていた韓国は、53分にMFパク・ヨンウのバックパスのミスから先制点を献上。66分にもムサ・アル・ターマリにドリブル突破を許してネットを揺らされる。ソン・フンミン、イ・ガンイン、ファン・ヒチャンを前線に並べた攻撃陣も精彩を欠き、なんと枠内シュートゼロに抑え込まれた。
【動画】韓国がまさかのパスミスから痛恨の失点
 サッカー専門誌『Four Four Two』韓国版の元編集長で、現在はフリーランスのホン・ジェミン記者は「26人の烏合の衆、チームじゃなかった」と断罪する。

「最大の敗因はユルゲン・クリンスマン監督です。選手のクオリティは低くないのに、力を引き出せなかった。今大会、韓国代表は50%の力しか出せなかった」
 
 ただ、そのドイツ人指揮官は韓国サッカー協会の会長との関係が良好なため、辞任はもちろん解任もないと同記者は見立てている。

 さらに、大会中も指摘していた5番(守備的MF)の人材不足も指摘。奇しくもヨルダン戦では、パク・ヨンウのミスが致命傷となった。

「彼は、韓国では最高のホールディングミッドフィルダーだと見らえています。それこそが、今の韓国サッカーの限界を表わしている」

 現地で精力的に取材をしていた同記者は、嘆きが止まらなかった。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部/現地特派)

【記事】「なぜ日本に1-6で大敗したチームが決勝に進めたのか」韓国を撃破したヨルダン戦士たちの回答は?「日本は強かった。だけど...」【現地発】
 
【関連記事】
「なぜ日本に1-6で大敗したチームが決勝に進めたのか」韓国を撃破したヨルダン戦士たちの回答は?「日本は強かった。だけど...」【現地発】
「ヨルダンに負ける」「穴は5番」韓国熟練記者の“予言”が次々に的中。ミス連発で優勝候補がまさかの敗退【現地発】
「クリンスマン監督は戦術が何もなかった」なぜ優勝候補の韓国は格下ヨルダンに完敗したのか。韓メディア記者に直撃「パスミスが決定機だった」【現地発】
「泳いで帰ってこい」韓国が準決勝でヨルダンに惨敗。母国ファンの怒りの矛先は指揮官に「クリンスマンOUT」「準備した戦術はどこに?」【アジア杯】
「ミス、ミス、ミスの大惨事だ!」ヨルダンに0-2完敗の韓国代表を母国メディアが辛辣批評!「クリンスマン映画は最悪の結末に」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ