• トップ
  • ニュース一覧
  • 日本にも韓国のソン・フンミンのような絶対的な存在が必要? 冨安健洋が“超越した選手”を語る「1つの手、違った道」【アジア杯】

日本にも韓国のソン・フンミンのような絶対的な存在が必要? 冨安健洋が“超越した選手”を語る「1つの手、違った道」【アジア杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年02月04日

「良くない時ですら、帳消しにしてしまうクオリティ」

冨安が敗因を語った。写真:サッカーダイジェスト(現地特派)

画像を見る

 2月3日に開催されたアジアカップ準々決勝で、日本(FIFAランキング17位)は難敵イラン(同21位)と対戦。28分に守田英正(スポルティング)が先制点を奪って以降は、反撃に耐える時間が続いたなか、55分に同点弾、90+6分にPKから決勝点を許し、1-2で敗れた。

 あまりに悔しい逆転負けを喫した後、CBでフル出場した冨安健洋(アーセナル)が、取材に対応。終始苦戦を強いられたアジアカップを振り返り、こう語った。

「1試合目、2試合目は間違いなく、アジアのチームへの油断があったと思います。そのなかでイラクに負けて、そんな甘くないと痛感しながら3試合目、4試合目に向かっていった。そういう難しい状況に陥った時に何ができるのか。良い時は誰でも勝手に乗っていけるけど、良くない時にどれだけできるかは、僕はもっともっと後ろからやらないといけない。

 あとは良くない時ですら、帳消しにしてしまうクオリティというか、能力があればって見方もできる。それは前の選手も後ろの選手もそう。良くない時も1人で守るだとか、勝手に1人で点を取っちゃうだとか、超越した選手になるのも1つの手、違った道。両方を目ざすべきだと思います」
【PHOTO】日本代表のイラン戦出場15選手&監督の採点・寸評。後半は何もできずに敗戦。及第点は2人のみの低評価
 圧倒的な個で打開できる選手と言えば、ソン・フンミン(トッテナム)などが例に挙がる。韓国の主将にして絶対エースは、準々決勝のオーストラリア戦で、後半アディショナルタイムに同点弾に繋がるPKを獲得すれば、延長戦でFKから決勝点を叩き込んでみせた。

 同じプレミアリーグ、それもトッテナムの宿敵でプレーする25歳は、「昨日のソン・フンミンがまさにそう?」と訊かれ、「僕は試合を見てないんですけど、そうらしいですね。はい」と伝えると、続けて「彼は韓国が良くないなかで違いを見せて結果を出してきた。それが超越した選手かなと。日本にはまだそういう選手がいない?」という問いに、こう答えた。

「まだいないっていうのか、今大会は出てこなかったのかなっていうことですね」

 チーム全体のレベルアップと同時に、苦しい状況を1人で打開できる絶対的な大黒柱は現われるか。日本がさらなる高みを目ざすうえで、1つのキーワードとなるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「正直、もう選手がどうこう言えるレベルじゃない」堂安律が伊東純也の離脱に見解「意見が全て通るとも思ってなかった」【現地発】

【セルジオ越後】イランに後半は手も足も出ず完敗。ドイツやスペイン相手の勝利は消えたようなもの。やり直すために実力を認めるしかないよ【アジア杯】

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!
 
【関連記事】
イラン戦の明暗を分けたのはベンチの戦略。指揮官は板倉に救いの手を差し伸べず、ただ見守ってプレーを続けさせるだけ...【アジア杯】
「敗因は自分」「ピッチに立つ資格がない」痛恨PK献上の板倉滉が謝罪。試合終了後は一人で即ロッカールームへ【現地発】
【セルジオ越後】イランに後半は手も足も出ず完敗。ドイツやスペイン相手の勝利は消えたようなもの。やり直すために実力を認めるしかないよ【アジア杯】
「あまり言いたくないんですけど...」冨安健洋はイラン戦敗北をどう受け止める? チームの“熱量”にも言及「僕も含めて後半は特に感じられなかった」【アジア杯】
「熱量を感じられなかった。物足りない」冨安健洋が猛省する“良くない日本”「W杯後とは間違いなく違う感情」【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ