【チャンピオンズ・リーグ・ラウンド16】2試合ともスコアレスでシティとPK戦勝利のA・マドリーが準々決勝へ

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月16日

共に譲らないA・マドリーとPSVはPK戦でもサドンデスへ。

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 3月15日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグ(CL)はラウンド16第2レグの2試合が行なわれ、共にホームチームのマンチェスター・シティとアトレティコ・マドリーが準々決勝進出を決めた。
 
 第1レグでは敵地でディナモ・キエフから3点を奪って勝利し、大きなアドバンテージを得ていたシティだったが、ホームでの一戦、前半途中でコンパニ、オタメンディのCB2人が続けて負傷退場するというアクシデントに見舞われた。
 
 しかし、中盤での守備強化などにより大きなピンチを迎えることもなく、逆に攻撃ではFWアグエロらが時折チャンスを作る。J・ナバスの右からのシュートが逆サイドのポストを叩いたのが、この試合最大の得点機だった。
 
 攻めなければならないキエフがボールポゼッションでは上回ったものの、シティはヤルモレンコら相手の危険な選手を封じるなど最後まで守備が機能し、スコアレスドローで第2レグを乗り切った。
 
 2試合合計3-1で勝ち抜けを果たしたシティは、5度目のCL出場で初のベスト8入りを果たしている。
 
 一方、第1レグを0-0で終えていたA・マドリーとPSVの一戦は、1点が互いの運命を大きく左右するため、点を奪うよりも、取られないことを重視した慎重な戦いぶりが、ビセンテ・カルデロンで展開された。
 
 前半にA・マドリーはグリエーズマンがゴール前で決定機を迎え、後半はPSVのロカディアのシュートがポストを叩くも、共にゴールはなし。本選では今シーズン初となる延長戦に突入するも、ここでも試合が動くことはなかった。
 
 アウェーのPSVが先攻となったPK戦の結果は以下の通り。
 
PSV/A・マドリー
1)ファン・ヒンケル○/グリエーズマン○
2)グアルダード○/ガビ○
3)プレッパー○/コケ○
4)ブルーマ○/サウール○
5)モレーノ○/F・トーレス○
6)レスティエンヌ○/ヒメネス○
7)アリアス○/フィリペ○
8)ナルシンフ×/ファンフラン○
 
 両GKが幾度か手に触れながらもボールはネットを揺らし続け、全員成功でサドンデスに突入。そして8人目、PSVのナルシンフがGKの逆を突きながらもクロスバーに当ててしまい、これで息詰まる戦いに終止符が打たれた。
 
 辛うじて次ラウンドへの進出を決めたA・マドリー。これで、3シーズン連続でのベスト8入りとなった。
 
 なお、ラウンド16の最終日となる明日3月16日は、バルセロナ対アーセナル(第1レグは前者が2-0)、バイエルン対ユベントス(第1レグは2-2)の2試合が行なわれる予定だ。
 
【結果&フォーメーション図】CLラウンド16全試合(~3/15

アクシデントに見舞われながらも、0-2で負けなければいいという有利な状況で余裕を持って戦えたシティ。1969-70シーズン以来の欧州カップ(カップウィナーズ・カップ)獲得に向け、一歩前進した。 (C) Getty Images

画像を見る

第2レグでもPSVの粘りに苦しんだA・マドリーだったが、ホームでのPK戦で全員が決めるという、シメオネ監督譲りの精神的強さで次ラウンド進出を決めた。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ