• トップ
  • ニュース一覧
  • 聖地メインロードでのオアシスのライブはまさに伝説。フットボールと音楽の街「マンチェスター」に行こう!【英国人コラム】

聖地メインロードでのオアシスのライブはまさに伝説。フットボールと音楽の街「マンチェスター」に行こう!【英国人コラム】

カテゴリ:ワールド

スティーブ・マッケンジー

2024年02月09日

マンチェスターに行ったらほぼ必ず足を運ぶショップ

マンチェスター・シティの熱狂的なサポーターとして知られるのが、オアシスのノエル・ギャラガー(左)だ。 (C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスターへは、ロンドンから列車で2時間、車で3時間の旅だ。
 
 鉄道は『アバンティ・ウェストコースト』。ロンドンのユーストン駅から、ストークもしくはクルーを経由してマンチェスターのピカデリー駅に至る。英国らしい田園風景の中を滑るように進む列車の旅は、これが仕事でなかったらビールを片手に楽しみたいものだ。
 
 その昔、10代のころは車を飛ばしてよく行った。仲間数人と連れ立って、何度もオールド・トラフォードを訪れた。アレックス・ファーガソン監督の下でユナイテッドは急速に力を付けていて、ライアン・ギグスやエリック・カントナ、デイビッド・ベッカムらの妙技を見るだけでも楽しかった。
 
 でも、同時に恐ろしさもあった。当時は悪名高きフーリガンの時代で、スタジアムとその周辺は緊迫して張り詰めたような空気感だった。ロンドンから来たよそ者だって分かると、乱暴な連中に難癖をつけられかねないから、仲間内でもなるべく話をしないようにしていた。
 
 マンキュニアン(マンチェスターっ子)のアクセント(訛り)はきついので、口を開くとすぐに別の土地の人間だって分かってしまう。駐車する場所を見つけて車を降りたら、会話もせず、駆けるようにスタジアムへ向かったあの緊張感を昨日のことのように覚えている。
 
 ユナイテッドとシティという赤と青の2つのクラブを有するマンチェスターはフットボールの街であり、音楽の街でもある。『ザ・スミス』に『ザ・ストーン・ローゼズ』、そして『オアシス』と世界的なロックバンドがここから生まれている。
 
 19世紀の産業革命以降、労働者の街として発展してきた都市の成り立ちが、フットボールと音楽というカルチャーを育んだわけだ。どちらもワーキングクラスのものだからね。
 
 ストーン・ローゼズもオアシスも、とくにフットボールと密接に結びついている。ギターのリフが印象的なストーン・ローゼズの『This is the One』はユナイテッドの入場曲として使われていたことがある。ベーシストのマニがユナイテッドの大ファンだった。
 
 オアシスは知っての通り、ノエルとリアムのギャラガー兄弟が熱狂的なシティのサポーターで、聖地メインロード(シティの旧本拠地)での1996年のライブは伝説だ。新(現)本拠地のシティ・オブ・マンチェスター(2011年からネーミングライツでエティハドを呼称)でも、オアシスは2005年にライブをしていて、これもマスターピースとして語り継がれている。
 
 地元に深く根を下ろしているのは、シティのほうだ。ユナイテッドは世界的な人気クラブで、マンチェスターにユナイテッドのファンはいないというのは、あながち間違いではない。僕の周りのユナイテッド・サポーターも6人中3人がマンチェスターの人間ではないからね。たしかに、エビデンスとして採用するにはサンプルのサイズは極めて小さいけれど。
 
 それでも、アブダビ資本の現体制になってからはシティのファン層も拡大していて、ペップ・グアルディオラとその先進的なフットボールへの興味と関心もあって、人気はグローバルに広がっている。
 
 この青の勃興の前に霞んでしまっているのが赤のユナイテッドだ。いまや両クラブの立場はすっかり逆転している。
 
 3冠達成でユナイテッドに肩を並べたシティは、そのライバルも果たせなかったプレミアリーグの4連覇に向かって力強く歩を進めているところだ。一方のユナイテッドは、前回のリーグ優勝からもう10年が経ち、今シーズンも苦戦している。
 
 あのころは威風堂々と輝いていたオールド・トラフォードが、なんだか急に影が差したようで古びて見える。対照的にシティのエティハドは、光が満ち溢れている。実際、ゲームデーはスタジアムの周りで無料コンサートが催されるなどキックオフの数時間前からファンが集まり、笑顔と熱気に包まれる。
 
 ただ、それでも現地で観戦するならユナイテッドがいいかな。あくまで個人的な感想として、いまのシティは付け入る隙がなさすぎて面白味に欠ける。理詰めで迫ってくるようなペップのフットボールにも、窮屈さを感じてしまう。そこへ行くと、ユナイテッドはまったく予想がつかなくて、不確実性というフットボール本来の醍醐味が味わえる、と言ったら皮肉を効かせすぎだろうか。
 
 マンチェスターに行ったら、ほぼ必ず足を運ぶ場所がある。『Empire Exchange』というショップだ。フットボールのメモラビリアから古いレコードやCD、ビデオ、書籍、おもちゃや雑貨などが所狭しと並ぶ、まさにマンチェスターのカルチャーが凝縮したような楽しいところだから、興味を持った方はぜひ。
 
 
文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)
 
Steve MACKENZIE
スティーブ・マッケンジー/1968年6月7日、ロンドン生まれ。ウェストハムとサウサンプトンのユースでプレー経験がある。とりわけウェストハムへの思い入れが強く、ユース時代からのサポーターだ。スコットランド代表のファンでもある。大学時代はサッカーの奨学生として米国で学び、1989年のNCAA(全米大学体育協会)主催の大会で優勝した。現在はエディターとして幅広く活動。05年には『サッカーダイジェスト』の英語版を英国で手掛け出版した。
 
※『ワールドサッカーダイジェスト』2023年12月7日号より転載

【記事】【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]

【記事】「敗因は自分」「ピッチに立つ資格がない」痛恨PK献上の板倉滉が謝罪。試合終了後は一人で即ロッカールームへ

【記事】アズムンの涙を見たか。“史上最強”と謳われた日本代表に足りなかったメンタリティ。タレント力で勝てるほどアジア杯は甘くなかった【現地発コラム】
【関連記事】
「エンドウを戻すべき」リバプール復帰の遠藤航、地元メディアは即スタメン起用を主張!「ファン・ダイク評以上の存在感」
【森保ジャパン26選手の通信簿】まさかのベスト8敗退。A評価は2人にしか与えられない。“最低のD”だった3人は?[現地発]
「最終兵器」を披露できずに終戦した森保ジャパン。対戦国が震撼するはずだった“同時起用”は実現しなかった【担当記者コラム】
韓国人記者は「日本とは違うんです」 6試合でなんと716分間プレーしたソン・フンミンとイ・ガンイン。指揮官は温存策を取れなかったのか【現地発コラム】
「ハリウッド女優だよね?」名将ペップの愛娘が魅せた“スーパーモデル級ボディ”に大反響!「あの清楚だった少女がなんと…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ