• トップ
  • ニュース一覧
  • 「結果を出せなかった...」レギュラー落ちの悔しさを噛み締めた高川学園の“次期10番候補”。ポルトガルに旅立った兄に刺激を受け、捲土重来を期す【選手権】

「結果を出せなかった...」レギュラー落ちの悔しさを噛み締めた高川学園の“次期10番候補”。ポルトガルに旅立った兄に刺激を受け、捲土重来を期す【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2023年12月29日

江本監督は「中心になってもらわないと困る選手」と期待

一年後の飛躍を誓った2年生FWの行友(手前)。来季の高川学園を牽引するエース候補だ。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権1回戦]市立船橋(千葉) 4-1 高川学園(山口)/12月29日/柏の葉

 高川学園の「次期10番候補」の2年生FW、行友祐翔の選手権は、40分間のプレーとノーゴールで幕を閉じた。

 ベンチスタートだった行友は1-2で迎えた後半頭から右サイドハーフとして投入される。だが、開始早々の42分に市立船橋に3点目を決められると、より劣勢に立たされたチームと共に飲み込まれる形で、持ち味であるスピード溢れる突破を披露できず。ゲーム途中にチームメイトから「祐翔、もっと気持ちを出せ」と厳しく指摘されるほど、精彩を欠いたままでタイムアップの時を迎えた。
【記事】静岡学園、昌平、市立船橋がゴールラッシュで快勝! 前橋育英、明秀日立、米子北など強豪校が2回戦に進出!【選手権1回戦・全結果】

 期待に応えらぬままに大会を終えたが、周囲の期待は非常に高い。主戦場が左サイドハーフである彼は、今夏のインターハイ予選まではレギュラーで、エースストライカーの山本吟侍とホットラインを組んだ。しかしその後に怪我で離脱をすると、レギュラーの座を奪われ、途中出場から流れを変える切り札的な存在となった。

 選手権予選では山本が20番、行友が10番を託された。予選決勝はスタメンではなく途中出場だったが、江本孝監督は「中心になってもらわないと困る選手」と期待を寄せ続け、今大会では山本を10番に戻す一方で、行友に「次期10番」の出世番号である20番を与えたのだ。

「何も結果を出せなかったことが悔しい」

 試合後、彼は唇を噛んだが、こうした経験が来年は絶対的な存在になるための大きな足がかりとなるはずだ。

 一瞬のスピード、連続した守備、そして裏への抜け出しからのフィニッシュワークなど、多くの能力を持っていることは事実。苦しい一年を過ごしたが、「もっと走りの質を上げるために、スプリントトレーニングを前向きに取り組んだり、持ち味である連続した守備とか、背後への抜け出しをもっと出したりして、チームに貢献したいとずっと考えていた」と、自己の成長とチームへの貢献のために武器を磨くことをコツコツとやり続けてきたからこそ、周囲からの変わらぬ期待があった。

「兄のようにどんどんチャレンジできる選手になりたい」と語ったように、彼の兄は愛媛FCから今年8月にポルトガル1部リーグのFCファマリカンに期限付き移籍したMF行友翔哉。彼にとって2学年上の翔哉は小さい頃からの憧れで、高川学園に入ってからは憧れに加えてライバル心が芽生えた。

「J3からすぐに海外は流石にびっくりしましたが、そういうチャレンジ精神を含めて、兄は目ざすべき存在。僕もこれからより努力をしてJクラブに声をかけてもらえるように頑張りたいと思っています」
 
 兄からの刺激に加え、市船戦後にはエース山本からこうエールを贈られた。

「チームのためにも自分のためにも泥臭く先頭で引っ張っていってほしい。選手権はやっぱり特別な舞台なので、10番になったら、来年の選手権で僕や林晴己(明治大)さんを超えてほしい」

 インカレ優勝を果たした明治大で活躍する林が3年、山本が1年の時に高川学園は選手権でベスト4まで勝ち上がった。一年後の選手権ではこれを超える結果をもたらしてほしい――。多くの期待を背に行友は、悔しさと決意を固めて会場を後にした。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

【選手権】川崎内定ストライカーやU-17W杯で大活躍のシンデレラボーイなど! 今大会の注目プレーヤーを一挙紹介!~FW編

中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉
【関連記事】
静岡学園、昌平、市立船橋がゴールラッシュで快勝! 前橋育英、明秀日立、米子北など強豪校が2回戦に進出!【選手権1回戦・全結果】
【選手権】川崎内定ストライカーやU-17W杯で大活躍のシンデレラボーイなど! 今大会の注目プレーヤーを一挙紹介!~FW編
県大会までは応援団長だったが...帝京長岡のFW谷中習人が値千金の2発!「もっと先の景色を見たい」と意気込み【選手権】
中学時代はアメリカでプレー。早稲田実DF若杉泰希、“文武両道”で全国初出場に誇り「勉強をしながらでも上を目ざせる」【選手権】
「右足で触って相手を誘う」巧みなテクニックで前橋育英の攻撃を牽引した1年生MF平林尊琉。「次はゴールとアシストができるよう頑張りたい」【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ