• トップ
  • ニュース一覧
  • 「惨敗です」「全然ダメ」三笘薫、完敗のアーセナル戦後に語った問題点。お膳立てをフイにした味方のミスには「いや、僕も決定機があったんで」【現地発】

「惨敗です」「全然ダメ」三笘薫、完敗のアーセナル戦後に語った問題点。お膳立てをフイにした味方のミスには「いや、僕も決定機があったんで」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

松澤浩三

2023年12月20日

「アーセナルが我々より断然良いプレーをした」

アーセナル戦でフル出場した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 直近のプレミアリーグのアーセナル戦、敵地エミレーツスタジアムで今季のリーグ優勝候補のひとつと対戦したこの試合で、ブライトンはまるで良いところを見せられずに、0-2で敗れた。

 定位置の左サイドハーフで先発フル出場した三笘薫が、試合後のミックスゾーンで「惨敗」と形容したとおり、まるで手も足も出ないままで90分間(+アディショナルタイム6分)が過ぎていった。

 思い返してみても、ロベルト・デ・ゼルビ監督の下でシーガルズ(ブライトンの愛称)が、ここまでやりこめられた試合は記憶にない。その指揮官も試合後の記者会見で「アーセナルが我々より断然良いプレーをした。彼らは勝利に値し、我々は大いに苦しめられた」と淡々とした表情で振り返った。

「アーセナルはリーグ最高チームの一つ。おそらく、現時点でのベストチームだ。普段のブライトンは試合をコントロールするチームで、こんな風に苦しめられるのには慣れていない」
 
 試合は、まさにイタリア人の戦術家が話したとおりの内容だった。わずか7か月前、同じスタジアムで3-0と圧倒した相手に完膚なきまでに打ちのめされたのである。立ち上がりから、高い位置から繰り返される速いプレッシングに押し込まれ、ブライトンイレブンが敵陣でプレーする機会は数えるほどしかなかった。

「戦術的に自分たちが狙ったところがなかなかはまらなくて、前半は特にボールを握れなかった。(失点)ゼロでしたけど、主導権を握れなかった要因ですね」と、試合後に三笘は分析した。

 防戦一方だった状況については、「そうですね。(これほど押し込まれたのは珍しく)僕の位置も全然違いましたけど、それによって奪った後に、誰も前にいないって状態になってしまっていた」と話している。

 プレミアリーグの公式サイトでポゼッションのスタッツを確認すると、ブライトンの51パーセントに対してアーセナルは49パーセントとなっている。この数字には驚きだが、アウェーチームが自陣でボールを回した時間が長かったからだろう。

 三笘は「つなぐ意識が強すぎて、特に何度も(アーセナルのプレスに)はまって、そこで自分たちがやりたいことに固執してしまったというか...。もっとロングボールを蹴れば良かったですけど、そこはちょっと難しいですね」と振り返った。
 
【関連記事】
「外す方が難しい」三笘薫の“完璧なお膳立て”をフイに!決定機逸のドイツ代表MFを元プレミア戦士がバッサリ!「どうしてミスをしたのか理解できない」
「恐ろしい成長」三笘薫、“23年世界最高の選手100人”に英紙が選出!ジェズス、アラバ、ルカクらを上回る!「欧州で最も優れたドリブラーの一人だ」
「ミトマは“我”をもっと出してもいい」3か月不発の三笘薫にブライトン番記者が指摘「考えすぎなのではないか」【現地発】
「エンドウが好きだ」マンU戦で存在感!遠藤航をOBの元ドイツ代表が称賛!「今はプレミアのペースに適応している」
「クボに0点」久保建英への“謂れのない批判”にソシエダ番記者が怒り。「タケのレベルや価値が疑われるのは信じられない」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ