「1対1ではプレミア最高のウイングだ」復調の三笘薫をブライトン指揮官が称賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年12月09日

ウイングとして幅が取った方がいい

ブレントフォード戦でアシストをマークした三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 イタリア人指揮官が、ブライトンの三笘薫への信頼を感じさせる一言を発した。

 地元メディア『The Argus』によれば、12月6日に開催されたプレミアリーグ第15節のブレントフォード戦(2-1)の後、ブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督は先発したMFカルロス・バレバについてコメント。「特徴と異なるポジションで選手は使うのは望まない」と語った。

「今のバレバにとっては、セントラルミッドフィルダーではなく、相手の前でプレーする方が楽だ。彼はそのポジションだと良くないし、体格もそれほどいいわけでもない」
 
 そのうえで、他の選手にも言及。「ミトマはウイングとして幅が取った方がいい。1対1では、彼はプレミアリーグで最高のウインガーのひとりだ」との日本代表アタッカーを称賛している。

 このブレントフォード戦では全2ゴールに絡む活躍を見せた三笘。復調傾向に、新進気鋭の戦術家も安堵したはずだ。
【動画】三笘の的確なアシストでグロスが圧巻ゴラッソ!
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「ワタルはすごい!傑出していた」攻守に貢献の遠藤航をクロップ監督が絶賛!「どこにでもいて、何度も助けてくれた」
 
【関連記事】
「はるかに優れていた」「休ませた決断を正当化」“復活”の三笘薫、全得点関与の活躍に地元メディアが称賛!指揮官も賛辞「ミトマのクオリティは誰もが知っている」
「日本は豪華すぎる」三笘や久保は選外でも...森保Jのタイ戦メンバーに中国驚嘆!「ミトマらは欠場だ」
「ファンには我慢してもらいたい」三笘薫への“過大評価”にブライトン番記者が警鐘「今後は批判の対象になりうる」【現地発】
「質の高いクロスを上げれば終わりの話。できていないのが不甲斐ない」三笘薫がチェルシー戦後に語った“現状”。気になるコンディションは「もう大丈夫、問題ないです」【現地発】
「ドリブルが注目されがちですけど...」冨安健洋が明かすマッチアップした三笘薫の“凄さ”「常に背後を狙われている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ