• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ファンには我慢してもらいたい」三笘薫への“過大評価”にブライトン番記者が警鐘「今後は批判の対象になりうる」【現地発】

「ファンには我慢してもらいたい」三笘薫への“過大評価”にブライトン番記者が警鐘「今後は批判の対象になりうる」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2023年12月06日

ブライトンのファンは大声でチャントを歌った

チェルシー戦で果敢に仕掛けた三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 12月3日にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー対ブライトン戦。両チームの選手が感情むき出しにしてプレーしたこの試合は、激しい打ち合いの末、エンソ・フェルナンデスの2得点などを含む3―2で前半に退場者を出したホームチームが勝利した。

 17分にアルゼンチン代表のフェルナンデスが先制点を決めると、その4分後には、昨季はシーガルズ(ブライトンの愛称)でプレーしたリーバイ・コルウィルが追加点を挙げる。

 意気消沈のブライトンはその後も押し込まれたが、ハーフタイム寸前の43分。ペナルティエリア右でパスを受けたファクンド・ブオナノッテがインサイドに切り込んで、左足から鮮やかにシュートを叩き込み1点を返した。
 
 さらに前半終了間際、チェルシーのゲームキャプテンを務めていたコナー・ギャラガーが2枚目のイエローカードを受けて退場。流れはブライトンに傾いたかと思われた。実際に後半はブライトンがボールを支配し、チェルシーゴールに迫っていた。

 しかし61分にチェルシーはカウンターから一気に攻めあがり、ドリブルでボックス内に侵入したミハイロ・ムドリクをジェームズ・ミルナーが背後から倒したとみなして、主審のクレイグ・ポーソンはPKの判定。ビデオ検証の後、フェルナンデスがこのPKを決めてチェルシーはリードを2点に広げる。

 一方、この日ベンチからスタートした三笘薫がピッチに投入されたのは3点目を許す5分前の、57分だった。その2分後には定位置の左サイドでボールを受けると、柔らかいタッチでボールをコントロール。ディフェンダーをかわして前方に向き、これからスピードを上げていこうとしたところに、カバーリングに入った2人目のディフェンダーからの激しいタックルで止められてしまう。

 三笘の“らしい”プレーに、期待を膨らますブライトンのファンは大声でチャントを歌った。

 だが直後に前述のPKの判定が下されて、再び2点差の状況である。焦りが見られるシーガルズの攻撃陣がボールを集めたのが三笘だった。積極的にチェルシーの2番、アクセル・ディサシに仕掛けていく。パスをもらっては仕掛けてボックス内に入り込み、中央へグラウンダーのクロスを入れる。しかしことごとくブロックされた。


 
【関連記事】
「質の高いクロスを上げれば終わりの話。できていないのが不甲斐ない」三笘薫がチェルシー戦後に語った“現状”。気になるコンディションは「もう大丈夫、問題ないです」【現地発】
「レベチすぎる」「メッシやん」三笘薫、チェルシーの仏代表DFをPA内でぶち抜いたキレキレドリブルに驚嘆の声!「切り返しがギュンギュン」
「エンドウは誰も予想していなかった英雄だ」“4分”で鮮烈同点弾の遠藤航にリバプール地元紙が驚嘆!「投入に首をかしげる人も少なくなかったが...」
「ソン・フンミンと比較されるほどだったが、2か月以上沈黙」三笘薫の“不調”に韓国メディアが注目「契約を更新した後は静かだ」
「ソシエダのメンバーから注意された」久保建英、同僚に“やめろ”と指摘されたオサスナ戦後の行動とは? 現地メディアは「奇妙なシーン」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ