【なでしこ|採点&寸評】日本 1-2 中国|バックパスのミスから失点。横山が反撃の狼煙を上げるも、時すでに遅く…

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年03月04日

韓国戦に続き、コミュニケーションミスから失点。

オーストラリア戦で採用した4-4-2に戻し、宮間を左MFに配したが、攻撃は機能せず。交代の札も不発に終わった。

画像を見る

【日本代表・総評】 4.5
中国のプレスにバタつき、序盤からパスミスを連発。1点目は時間帯・失い方とも最悪で、ゲームプランが大きく変わってしまった。2失点目や連係面の不備を含め、“戦う姿勢”も感じられず、横山のゴールも空砲に。必然の敗戦だったと言わざるを得ない。

【女子リオ五輪予選 PHOTOハイライト】日本 1-2 中国

 [個人採点・寸評]
[GK]
1 福元美穂 5
1失点目は飛び出しを途中で躊躇して絶好機を献上。DFとのコミュニケーションミスを犯してしまった。懸命のコーチングも、2失点で敗戦してしまっては霞んでしまう。
 
[DF]
2 近賀ゆかり 5.5
ガッツ溢れるプレーで果敢に前に出てインターセプトを狙い、チーム全体を押し上げた。36分にはセットプレーからダイビングヘッドを放ったが、惜しくも枠を捉え切れなかった。
 
4 熊谷紗希 5.5
相手FWのワン・シャンシャンに執拗に裏を突かれ、後手に回る時間帯が長かった。接触プレーで何度も傷めつけられながら、球際に飛び込みディフェンスリーダーとして懸命に戦ったが、2失点では及第点は与えられない。

5 鮫島 彩 4.5(87分OUT)
中国のサイド攻撃に押し込められ、守備でスタミナを消耗。2失点目は相手にスペースを与え、簡単にシュートを打たせてしまった。球際で躊躇した場面があったのも悔やまれる。

17 田中明日菜 5
背後を狙われ、半身で相手の攻撃に対応させられるなど神経をすり減らされた。失点に関してもGKに任せずに最後まで追いたかった。力を発揮し切れなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

守備陣は総じて低調な出来。バックパスをミスした川村(7番)だけでなく、ディフェンスリーダーの熊谷(4番)も苦戦を強いられた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト寫眞部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ