• トップ
  • ニュース一覧
  • 「通すだけだった。股を開かせるという感じ」浦和移籍後初ゴールの中島翔哉、巧みな逆足弾も「普通だと思います」

「通すだけだった。股を開かせるという感じ」浦和移籍後初ゴールの中島翔哉、巧みな逆足弾も「普通だと思います」

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年12月04日

左足の不調も明かす

17年以来のJでのゴールを決めた中島。写真:永島裕基

画像を見る

[J1第34節]札幌 0-2 浦和/12月3日/札幌ドーム

 浦和レッズは、12月3日にJ1第34節で北海道コンサドーレ札幌と敵地で対戦し、2-0で快勝。この一戦で勝利に大きく近づく2点目をゲットしたのが中島翔哉だ。

 1-0で迎えた72分、アレクサンダー・ショルツのロングボールを、ホセ・カンテが頭で落とすと、中島が反応。札幌の馬場晴也に背後からマークされるなかで収めると、鋭いターンから左足を一閃。馬場の股を抜くシュートを、ゴール右隅に決めてみせた。

 7月に浦和に加入した中島にとって、これが待望の移籍後初ゴール。Jリーグでは2017年以来となる得点を、浦和の10番はこう振り返る。

「ホセが後ろにそらすのは分かっていて、たまたま僕のところに来て、足もとでコントロールできた。(相手の)股を通すだけだったので、見ながら、股を開かせるという感じです」
【動画】「浮き球を収めて股抜き弾」レッズ中島翔哉の加入後初ゴール!
 そして「あの瞬間は、いちいちそんなことは考えていないです。後から説明すると、そんな感じです」と補足。報道陣から称賛されても「普通だと思います」と述べる。

 逆足で決めたゴールだったが、長い間、左足は本調子ではなかったという。

「左足は(9月の)ガンバ戦で痛めて、しばらく最近まで左足でシュートを打てなかったんですけど、やっと調子が良くなってきたので、そういう怖さを出せた。メディカルのスタッフにも感謝したいです」

 今季はリーグ戦で6試合・1得点に終わった。結果には満足していないという中島。トップ下での起用がメインだったが、今後は「ドリブルもどんどん出していきたい。監督が決めるので、言われたところで」と殊勝に語った。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】向寒の中、埼スタ最終戦に詰めかけ、寒さを吹き飛ばすほどの大声援で選手を後押しした、浦和レッズサポーター!
 
【関連記事】
ピッチを去る小野伸二。花道には浦和の選手たちも。粋な行動の舞台裏を岩尾が明かす「荒野選手には本当に感謝」
こんなに美しい場面があるだろうか――小野伸二、ラストダンスにファン感涙。浦和の選手たちも花道「何回見ても泣く」「やっぱり別格」
オフサイド? オンサイド? ヴィッセル大迫勇也の決勝弾が議論呼ぶ。「ラインから出てるように見える」「蹴った瞬間にどうだったか」などの声
「まるで神のように扱ってくれる」浦和FWシャルク、日本で“圧倒されたこと”を告白!「人生が変わる。美しい国だ。人々は…」
「スウェーデンより進んでいる」浦和MFモーベルグが日本で受けた“衝撃”を母国紙に語る!「とても気に入っている」と称賛したのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ