• トップ
  • ニュース一覧
  • オフサイド? オンサイド? ヴィッセル大迫勇也の決勝弾が議論呼ぶ。「ラインから出てるように見える」「蹴った瞬間にどうだったか」などの声

オフサイド? オンサイド? ヴィッセル大迫勇也の決勝弾が議論呼ぶ。「ラインから出てるように見える」「蹴った瞬間にどうだったか」などの声

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年11月12日

「VARが改善されるための事案に」

物議を醸す大迫の決勝弾。Xでは「オフサイド」がトレンドに。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 果たして、オフサイドだったのか、オンサイドだったのか。

 J1第32節で浦和レッズとヴィッセル神戸が対戦。2-1で神戸が勝利した。

 勝負を決するゴールが生まれたのは、1-1のタイスコアで迎えた90+6分。浦和のFKを神戸のGK前川黛也がキャッチし、すぐにパントキック。前線で待っていた大迫勇也がこれを収める。

 この時、浦和のGK西川周作も攻め上がっていただけに、浦和のゴールはがら空き状態。大迫が正確なシュートを流し込んだ。

 焦点となっているのは、大迫がボールを受けたシチュエーションだ。映像では、大迫の前には浦和の大畑歩夢が1人。そして、大迫は敵陣に入っているようにも見える。
【動画】大迫勇也の決勝弾、微妙な判定?
 攻撃時に相手陣内で、パスを出されたタイミングで自身の前に相手が1人しかいない場合にボールを受ければ、オフサイドの反則となる。

 ただ、ゴールは認められた。微妙は判定に、SNS上では「オフサイドだよな?」「明らかにオフサイド」「ラインから出てるように見える」「正直センターちょっと出てる」「蹴った瞬間にどうだったか」「VARが改善されるための事案に」といった声があがっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 
【関連記事】
「走れない闘えない努力もしない口先だけは立派な史上最低イレブン」刺激的な横断幕と大ブーイング。異様な雰囲気に包まれた大宮アルディージャの最終戦セレモニー
「実力がなかったとしか言いようがない」J1自動昇格ならず...清水FW乾貴士が痛恨の極み。POに向けては「ちょっと今は考えられない」
「自分を含めて心が弱い」自動昇格のチャンス→4位フィニッシュ...エスパ指揮官が痛恨ドローに奮起「勝者のメンタリティをもっと植え付けろということ」
神戸、首位堅持。2位横浜と勝点2差。次節には優勝の可能性も、エース大迫勇也は「自分たちにフォーカスして頑張りたい」
「トミヤス、何やってんだ!」「ファウルだろ」冨安健洋が1対1で吹っ飛ばされ...アーセナルの失点シーンにファン憤慨!「ひどすぎる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ