• トップ
  • ニュース一覧
  • 「まるで神のように扱ってくれる」浦和FWシャルク、日本で“圧倒されたこと”を告白!「人生が変わる。美しい国だ。人々は…」

「まるで神のように扱ってくれる」浦和FWシャルク、日本で“圧倒されたこと”を告白!「人生が変わる。美しい国だ。人々は…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年01月12日

「ウラワはアジア最大のクラブのひとつだ」

日本への移籍について語ったシャルク。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 浦和レッズはセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスの獲得が取りざたされている。英紙『THE Sun』は1月11日、浦和は「数日以内にまとめられると自信がある」と報じた。

 昨年浦和に加入したオランダ人FWアレックス・シャルクは、かつてロス・カウンティに在籍し、スコットランドでプレーした経験を持つ。『Sun』によると、そのシャルクは「ウラワのオファーは彼が真剣に考慮するにふさわしいもので間違いないと言える」と述べた。

 1年を経て、浦和というクラブや日本という国に感銘を受けたようだ。「ここでの生活に圧倒された」と話している。

「ウラワがこれほど大きいとは思ってもいなかった。素晴らしい。アジア最大のクラブのひとつだ。ファンはすごいし、スタジアムはとても美しい。東京のような街を歩けば、自分はほとんど無名だ。それでも、道を歩いているとお辞儀をしてくれる。サインや写真撮影を求められることも絶えない」
 
 さらに、「驚いたけど、謙虚な気持ちになる。欧州の人間として、こういう文化は分からないものだ。まるで神のように扱ってくれる」と続けた。

「特にウラワは、アジアのフェイエノールトのようだ。実際に提携している。クラブの規模はすごいし、アウェーの試合に向かうと、空港でファンが待ってくれている。ウラワは素晴らしいクラブだよ。あれほど称えてもらえるのを見たのは、ロス・カウンティ時代にセルティック・パークでセルティックと対戦したときだ」

 新型コロナウイルスの対策規制で家族と会えないなど、大変なこともあったと振り返りつつ、「それでも日本に来たことを後悔したことはない」と話している。

「あらゆる点で人生が変わる。日本は美しい国だ。きれいで、人々はとても礼儀正しい。ワールドカップでの日本代表のパフォーマンスも非常に見事だった。この国のサッカーが上り坂なのは疑いない」

 イタリアのサンプドリアとの合意も噂されているギアクマキスが、シャルクとチームメイトになることはあるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】際立つデザインがずらり! Jクラブの2023年シーズン新ユニホームギャラリー

【PHOTO】まさにスタジアムの華! W杯で現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「スウェーデンより進んでいる」浦和MFモーベルグが日本で受けた“衝撃”を母国紙に語る!「とても気に入っている」と称賛したのは?
「衝撃だった」神戸FWボージャンは日本に来て何に驚いたのか?「海外の選手も…」
森保監督はなぜ一度も起用しなかった柴崎岳をカタールW杯に招集したのか。「なぜ使わないのかストレートに話した」
「セクシーでスタイル抜群」浦和L・遠藤優のモデル風“黒水着ショット” が反響!「サービスしすぎです」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ