• トップ
  • ニュース一覧
  • 「イタリア代表のブッフォン、ドイツ代表のノイアーみたいになれれば」熟練記者も称賛の21歳の逸材。最大のライバルは37歳のベテラン?

「イタリア代表のブッフォン、ドイツ代表のノイアーみたいになれれば」熟練記者も称賛の21歳の逸材。最大のライバルは37歳のベテラン?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年11月29日

「振る舞いが整っている」

シリア戦での活躍が記憶に新しい鈴木。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 北中米ワールドカップのアジア2次予選のシリア戦で、ポテンシャルを示したひとりがGKの鈴木彩艶だ。ハイボールを難なく処理したプレーをはじめ、安定したパフォーマンスでチームに落ち着きをもたらした。熟練記者の河治良幸氏は、以下のようにこの21歳の逸材を評している。

「ここからイタリア代表のブッフォン、ドイツ代表のノイアーみたいになれればという楽しみがある一方、他の選手が頑張っても鈴木選手をなかなか超えられない状況になってしまうかも心配もある。良い意味での心配ですけどね。そう思わせるぐらい鈴木選手のポテンシャルは凄いです」

 河治氏は続けて「局面、局面でツッコミどころはありますが、それすら覆ってしまぐらいのスケール感がある」とも言っていた。

 確かに、この先、10年、20年、日本のゴールマウスを守るかもしれないとの期待を抱かせる仕事ぶりをシリア戦では見せた。そんな鈴木は人間性にも優れており、河治氏は「彼の礼儀正しさは素晴らしい。振る舞いが整っている」とも称賛していた。
 
 鈴木をライバル視しているのが、37歳のベテラン、「浦和レッズの西川周作です」(河治氏)。

「(西川は)必ず日本代表に入ると言っていました。実はその西川選手が最大のライバルになる可能性があります(笑)。

 今後、日本代表戦で鈴木と西川がポジションを争う。そうなれば、浦和レッズのファン・サポーターは“胸熱”だろう。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

「久保がスペシャルな仕事をした」シリア戦の先制弾は森保ジャパンの進化の証【熟練記者の視点】
【関連記事】
「エリアの脇から決め切る日本人FWはなかなかいない」熟練記者が絶賛した代表戦士は? 
「久保がスペシャルな仕事をした」シリア戦の先制弾は森保ジャパンの進化の証【熟練記者の視点】
「分かりたくても分からない」日本戦でのミャンマーの時間稼ぎについて熟練記者が見解「日本がマレーシアに負けていた時代なら考えようはありますが…」
「走れない闘えない努力もしない口先だけは立派な史上最低イレブン」刺激的な横断幕と大ブーイング。異様な雰囲気に包まれた大宮アルディージャの最終戦セレモニー
「親父が自己破産して」「古びたアパートに」内田篤人、元日本代表DFの壮絶な過去に驚愕!「すげぇ。映画化だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ