「エリアの脇から決め切る日本人FWはなかなかいない」熟練記者が絶賛した代表戦士は? 

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年11月28日

鈴木彩艶は「レベルが違う」とコメント

ミャンマー戦で見事な先制弾を決めた上田(中央右)写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「あの角度を決められる日本人FWはほぼいない」

【動画】熟練記者が語る「ミャンマー戦総括」

 北中米ワールドカップのアジア2次予選、日本がミャンマーを5-0で下した試合で、熟練記者の河治良幸氏が絶賛したのは上田綺世のシュートセンスだ。

 なかでも日本の3点目、前半のアディショナル(45+4分)に角度の狭いエリアから決めたシュートは一級品で、河治氏は「「あの角度を決められる日本人FWはほぼいない」と評した。

「Jリーグの歴史を振り返っても川崎のジュニーニョが(鹿島)の曽ヶ端を相手にニアサイドを破ったシュートに象徴されるような、ワイドショット。エリアの脇から決め切る選手はブラジル人でいますけど、日本人ではなかなかいない」
 
 ミャンマー戦でハットトリックを決めた上田は、続くシリア戦で2得点。ここにきてエースストライカーの座を射止めつつある。

 GK鈴木彩艶からも「レベルが違う。スピード感もそうだし、落ち方も非常に取りづらい部分がある。本当に、とんでもないくらい落ちる」と評されている点からも、上田のシュートセンスの素晴らしさは分かるだろう。

構成●サッカーダイジェストTV編集部

「W杯優勝はもはや愚かな夢ではない」シリア粉砕で8連勝の森保ジャパンに中国驚嘆!「本田や香川の全盛期よりはるかに強い」「日本が負けたらニュースだ」
【関連記事】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「走れない闘えない努力もしない口先だけは立派な史上最低イレブン」刺激的な横断幕と大ブーイング。異様な雰囲気に包まれた大宮アルディージャの最終戦セレモニー
「可愛らしい系だね」C大阪の“全身ピンク”24年新ユニが話題!「めちゃくちゃ良い」「背番号フォント良き」
「日本代表の誰々ではなく、今なら『アーセナルの冨安健洋』のほうが何十倍も」酒井高徳が明かす“プロサッカー選手の価値”
「親父が自己破産して」「古びたアパートに」内田篤人、元日本代表DFの壮絶な過去に驚愕!「すげぇ。映画化だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ