• トップ
  • ニュース一覧
  • 「勢いはどこへ」“9試合連続ノーゴール”の久保建英に韓国メディア注目「沈黙が続いている」

「勢いはどこへ」“9試合連続ノーゴール”の久保建英に韓国メディア注目「沈黙が続いている」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年11月27日

スペインメディアは高評価

代表帰りの久保は26日のセビージャ戦に先発。得点やアシストこそなかったが、精力的なプレスや決定機演出など存在感を示した。(C)Getty Images

画像を見る

 日本の至宝に、韓国も注目している。

 久保建英を擁するレアル・ソシエダは現地11月26日、ラ・リーガ第14節でセビージャとホームで対戦。開始3分に相手のオウンゴールで先制し、22分にウマル・サディクが加点。60分に1点を返されるも、2-1で逃げ切った。

 4-3-3の右ウイングで先発した久保は、84分までプレー。決定的な仕事には絡めなかったが、スペインメディア『El Desmarque』のギプスコア版の採点記事では、チーム2位タイの「7点」が付与された。
【動画】切れ味鋭い動きで決定機を創出する久保
 両チーム最多となる4本のシュートを放つなど、存在感を示したが、韓国メディア『SPOTV news』には物足りなく映ったようだ。

「“不振”日本人アタッカー、9試合連続無得点“泥沼”→トーキングを踊っていた勢いはどこへ」と見出しを打ち、最近のパフォーマンスに言及した。

「ソシエダはこの日の勝利で公式戦3連勝となった。しかし、久保建英の沈黙が続いている」
 
 公式戦44試合で9ゴール・9アシストと活躍した昨季に続き、今季の序盤もハイパフォーマンスを見せていた22歳レフティについて、リーガやチャンピオンズリーグでの成績を踏まえて、「最近は振るわない」と評する。

「公式戦最後の得点を決めたのは、10月1日のアスレティック・ビルバオ戦だ。当時、久保は得点後に腰を上下に振るダンス、トーキングセレブレーションも披露した。ところが、久保はビルバオ戦以降、なんと9試合連続で無得点に陥っている。最後の攻撃ポイントは、先月21日のマジョルカ戦のアシストだ」

 ワールドカップ予選を戦った日本代表の11月シリーズで、久保は21日のシリア戦で1ゴール・1アシストと躍動。記事では、森保ジャパンでの躍動にも触れたうえで、「所属チームに復帰後、再び沈黙」と記す。

 代表レベルでも際立つプレーを見せているからこそ、クラブで目に見える結果を出していないことが意外に思われているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「ワールドクラス」久保建英に贈った敵将シャビの賛辞は“リップサービス”だったのか? 内田篤人の主張「記者が聞いてるんだよね? 俺が言いたいのは...」
 
【関連記事】
「素晴らしい個人技」猛プレス&最多シュートの久保建英、現地メディアは“7点”の高評価!「守備でも貢献」
「クボ君は気を引き締め直さないと」元日本代表が苦言を呈した久保建英のワンプレー「ちょっといただけない」
「久保選手の方が何倍もすごい」元日本代表DFが“日韓の至宝”を比較!「相手としては怖い」
「危うい状況」ソシエダ残留か移籍か。久保建英、去就を決める“最大の鍵”は?現地メディアが見解「彼の運命を決める重要な要素」
「ワールドクラス」久保建英に贈った敵将シャビの賛辞は“リップサービス”だったのか? 内田篤人の主張「記者が聞いてるんだよね? 俺が言いたいのは...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ