• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜブラジルの名門サントスは日本をオマージュするユニホームを作ったのか。“鯉”が描かれたシャツは予約殺到の人気ぶり【現地発】

なぜブラジルの名門サントスは日本をオマージュするユニホームを作ったのか。“鯉”が描かれたシャツは予約殺到の人気ぶり【現地発】

カテゴリ:ワールド

リカルド・セティオン

2023年11月20日

4人の日本人選手がプレー

現在は14位に低迷しているサントス。(C)Getty Images

画像を見る

 ブラジルのサントスは、サッカー好きならその名を知らない者はいないだろう。

 神様ペレやカルロス・アルベルトからロビーニョ、ネイマールまで多くのスターを輩出してきた。しかしそんな名門も、2011年のリベルタドーレス杯優勝を最後に、ここ10年以上何のタイトルも勝ち取れていない。それどころかここ数年間はリーグでも低迷し、8位、10位、12位と毎シーズン順位を落とし、今季も一時は降格圏に沈むなど苦しんでいる。

 そんなサントスを、再び世界に名だたるチームへと帰り咲かせたい。そんな思いから始められたのが「サントス・ドゥ・ムンド(世界のサントス)」プロジェクト、世界各地に捧げるサードユニホームだ。

 第1回目の昨年はアフリカへのオマージュとして、かの地の民族衣装にインスパイアされたユニホームを作成した。サントスのマーケティング部門に聞くと、1969年にペレがサントスと共にアフリカツアーに行き、その試合のおかげで戦争が数日間止まったことを記念して、ということだった。
 
 そして今年、サントスがオマージュを捧げる相手として選んだのは日本だった。実はサントスと日本との間には深い絆がある。

 サントスでは、これまで4人の日本人選手がプレーしている。三浦知良、水島武蔵、前園真聖、菅原智。これはブラジルのトップチームでは一番の記録である。

 逆にサントスから日本に行った選手や監督も多い。Jリーグの最初のブラジル人監督ペペ(東京ヴェルディ)、鹿島アントラーズを3連覇に導いたオズワルド・オリベイラ監督、現在で言えば鹿島のMFピトゥカがいる。その関係からか、胸スポンサーもパナソニックや東芝など日本企業が少なくなかった。

 またサントスはその111年の歴史の中で、16回も日本に行って試合をしている。2011年、ネイマールと共に来日したFIFAクラブワールドカップ以外はほぼ親善試合であるが、それだけに日本との関係の深さを感じさせる。

 絆はサッカーだけに留まらない。ブラジルの最も大きな外国人コミュニティはサントスにある日本人コミュニティである。また日本移民が最初にブラジルに上陸したのもサントスと言われ、海辺の公園にはそれを記念した銅像が立っている。ブラジルでは6月18日が日本移民の日であるが、その日付近の試合では、サントスは毎年チームロゴの左上のボールの部分を日の丸に変えたユニホームでプレーしている。
【関連記事】
「これがコリンチャンスです。」ブラジルの名門が発表した“日本語ぎっしりユニ”に予約殺到! なぜ斬新デザインが人気なのか【現地発】
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
日本代表の公式ショップで訊いた!ユニホームの売上トップは? 人気選手が不在でも、まさかの...
「かなり芸術性が高いぞ!」なでしこジャパンの“斬新桃色ユニホーム”を英BBCがイジり倒す!「パジャマなの?」「リサの攻撃参加が増えた」
「唯一ユニホームを買った」内田篤人推しのなでしこ戦士は? 中学時代のエピソードも明かす「グイグイいく派じゃないんですけど...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ