• トップ
  • ニュース一覧
  • FIFA機関の「世界のチャンスメークランキング」、三笘薫や伊東純也を凌駕したJリーガー3人は?

FIFA機関の「世界のチャンスメークランキング」、三笘薫や伊東純也を凌駕したJリーガー3人は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年11月16日

最も多くの選手を輩出したのはプレミアリーグ

97位にランクインした三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIESフットボール・オブザーバトリー』は11月14日、今シーズンのチャンスメークに関するランキングを発表した。

『Wyscout』のデータを基にし、11月13日までの今季国内リーグで同一チームでの出場が630分間超の選手が対象。キーパスの数や90分あたりのアシスト期待値、試合のレベルに応じた結果などを考慮した指標で算出したランキングとなっている。

 トップ100を選出したランキングで、日本からは横浜F・マリノスの3選手がランクインした。30位にヤン・マテウス(1.45)、39位に水沼宏太(1.40)、51位にエウベル(1.32)が選ばれている。また、90位にはスタッド・ドゥ・ランスの伊東純也(1.20)、97位にブライトンの三笘薫(1.17)が選出された。

 全体のトップはフランス代表のウスマンヌ・デンベレ(2.36)。指標が2を超えた唯一の選手だ。その後、レロイ・ザネ、ニコ・ウィリアムス、キリアン・エムバペ、ムサ・ディアビ、モハメド・サラー、フランク・オノラと続く。7位まで5大リーグの選手が占めるかたちとなった。
【動画】38歳の元イングランド代表DFをぶち抜いた三笘のキレキレドリブル
 トップ100には世界の33リーグからランクインしており、最も多くの選手を輩出したのは16人のプレミアリーグ。2位はセリエA(9)だった。

 CIESによるランキングのトップ10は以下のとおりだ。

1位:ウスマンヌ・デンベレ(パリ・サンジェルマン)/2.36
2位:レロイ・ザネ(バイエルン)/1.92
3位:ニコ・ウィリアムス(アスレチック・ビルバオ)/1.89
4位:キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)/1.87
5位:ムサ・ディアビ(アストン・ビラ)/1.74
6位:モハメド・サラー(リバプール)/1.70
7位:フランク・オノラ(ボルシアMG)/1.70
8位:マキシミリアーノ・ヌニェス(ナシオナル・ポトシ)/1.69
9位:イニャキ・ウィリアムス(アスレチック・ビルバオ)/1.68
10位:マグヌス・エイクレム(モルデ)/1.65


「ありえない所から生まれた」三笘薫がキレキレフェイントから誘発した劇的OGにブライトンの元エースも驚嘆!「ひどいゴールだが、本当に幸運」
 
【関連記事】
「懸念した事態が発生。だが最悪の結果を防いだとも」三笘薫の日本代表離脱にブライトン番記者が見解。不調に野戦病院化...「この状況でミトマを失うわけにはいかない」【現地発】
【日本代表のミャンマー戦スタメン予想】三笘不在の左サイドは相馬。伊東&南野と2列目形成と予測。迷った1トップは...
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「日本人は怒っていた」久保建英、バルサの俊英に苛立ちか。現地メディアが指摘した理由は?「試合終了後も収まらず...」
今夏のリバプール、遠藤補強の前に日本人MFの獲得に失敗していた!伊代理人が明かす「43億円前後の価値がある選手だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ