• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本代表のミャンマー戦スタメン予想】三笘不在の左サイドは相馬。伊東&南野と2列目形成と予測。迷った1トップは...

【日本代表のミャンマー戦スタメン予想】三笘不在の左サイドは相馬。伊東&南野と2列目形成と予測。迷った1トップは...

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年11月16日

合流して練習を1日しかできなかったメンバーもいる

ミャンマー戦のスタメン予想。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 森保ジャパンは11月16日、パナソニックスタジアム吹田で行なわれる2026年北中米ワールドカップ・アジア2次予選の初戦でミャンマー代表と対戦する。

 第二次森保ジャパンでは初の公式戦を前に、板倉滉(ボルシアMG)や旗手怜央(セルティック)が故障で選外となったほか、招集された三笘薫(ブライトン)、古橋亨梧、前田大然(以上セルティック)、川辺駿(スタンダール・リエージュ)、伊藤敦樹(浦和レッズ)が故障で不参加・離脱となった。

 合流して練習を1日しかできなかったメンバーもおり、不確定要素も少なくないなか、スタメン11人を予想した。
【動画】日本代表戦士のハイレベルな鳥かご
 まず、フォーメーションは、豊富な2列目の人材を活かす上でも、4-2-3-1(攻撃時は4-1-4-1にも可変)となるだろう。どちらかといえば、21日のシリア戦(中立地のサウジアラビアで開催)のほうに主力を多く投入し、ミャンマー戦は早く合流できたメンバー中心になる可能性が高い。

 GKは、公式戦であれば序列が最も高い守護神が担うはずで、3月シリーズから唯一招集され続けている大迫敬介(サンフレッチェ広島)になるだろう。鈴木彩艶(シント=トロイデン)と前川黛也(ヴィッセル神戸)は、今シリーズはバックアッパーに回ると見る。

 右SBは菅原由勢(AZ)のほうが序列は高いものの、合流が早かった毎熊晟矢(セレッソ大阪)を抜擢しそうだ。ミャンマー相手であれば、特長の攻撃力も存分に活かせるだろう。

 板倉が不在のCBは、順当なら冨安健洋(アーセナル)と谷口彰悟(アル・ラーヤン)のコンビだ。ただ、前者は14日の練習を別メニューで行なっており、コンディションが気掛かりだ。冒頭15分のみが公開となった前日練習では、全体のトレーニングに加わっていたものの、万全でない場合は伊藤洋輝(シュツットガルト予想)の起用もあるか。町田浩樹(ユニオン・サン=ジロワーズ)は追加招集の渡辺剛(ヘンク)と共に1日しか練習に参加しておらず、先発はさすがに難しいだろう。

 左SBは、伊藤と中山雄太(ハダースフィールド)のどちらが出てもおかしくはないが、第二次森保ジャパンでの実績では上回る前者と見立てた。ただ、前述したように、今年3月のコロンビア戦以来のCB起用となれば、後者がスターターとなる。
 
【関連記事】
「来たくない選手は来なければいい」堂安律、欧州組の“招集不要論”に持論!「あとあと外されて文句を言う選手もいるんでしょうけど...」
「早くバレて欲しい」徹底マークを受ける久保建英、敵スカウトに“見つけてほしい”チームメイトを明かす!
なぜ三笘薫は一度も練習参加せずに離脱する事態となったのか。森保監督が説明「足の張りという情報は入っていたが...」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
「世界的な相手にも堂々とプレーしていた」南野拓実が称賛した“国内組”は?「すごく逞しい、重要な選手」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ