• トップ
  • ニュース一覧
  • 「退場は恥ずべき。まったくのジョーク」前田大然の一発レッド判定へ批判止まず!セルティックOBが審判を酷評「選手よりも大きな存在になりたがる」

「退場は恥ずべき。まったくのジョーク」前田大然の一発レッド判定へ批判止まず!セルティックOBが審判を酷評「選手よりも大きな存在になりたがる」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年11月12日

「VARはサッカーを台無しにしている」

エルモソ(右)へのファウルでレッドカードを受けた前田(左)。(C)Getty Images

画像を見る

 セルティックの前田大然がチャンピオンズ・リーグで一発退場となったことには、特にクラブ関係者から不満の声が上がった。審判の姿勢に苦言を呈したOBもいる。

 前田は11月8日のアトレティコ・マドリー戦で、マリオ・エルモソに対するタックルで退場を命じられた。当初はイエローカードの判定だったが、VARチェックの結果でレッドカードに判定が変更。先制を許していた中でビハインドを背負ったセルティックは、0-6と大敗を喫している。

 退場判定は議論を呼んだ。足裏を見せてのタックルだったが、レッドカードには値しないとの主張もある。静止画像での確認が印象を悪くさせ、退場につながったとの声も少なくない。

 セルティックOBのフランク・マカベニーは、『Football Insider』で「正直、セルティックは素人のように見えた。アトレティコの出来から、いずれにしても勝つことはなかったと思う」と、大敗した古巣を厳しく評価した。
【画像】判定は妥当? 一発レッドとなった前田大然のタックル

 だが、「退場の前まではやれていたかもしれない。だが、退場はまったく恥ずべきだった。まったくのジョークだよ」とも述べている。

「VARはサッカーを台無しにしている。11人でも大変なのに、10人になればなおさらだ。マエダが気の毒だよ。あのエルモソの転がりぶりを見たか。恥ずべきだった。まずは静止画で確認するのをやめるべきだ。足裏を見せていたように見えるが、相手をとらえていない。私が現役のころならイエローカードでもなかったよ。だが、今の時代でもイエローカードだ」

 さらに、マカベニーは「審判たちが選手よりも大きな存在になりたがっている。セレブになりたがるんだ。自分たちのほうが選手たちより優れていると考えている。恥ずべきことだ」と続けた。

「私からすればお芝居みたいだよ。(VARチェックは)明白かつ明確な場合だが、そうじゃなかった」

 セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は10日、前田がこのプレーでひざを負傷し、1カ月超の離脱となることを明らかにしている。ワールドカップ予選も欠場する見通しとなった前田にとっては、散々な一戦となってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「恐ろしい。退場のはずがない」「見てきた中で最悪のジャッジだ」前田大然の“レッド判定”に現地ファンは怒り!一方で「正しい判断」との声も
 
【関連記事】
「恐ろしい。退場のはずがない」「見てきた中で最悪のジャッジだ」前田大然の“レッド判定”に現地ファンは怒り!一方で「正しい判断」との声も
「本当に残念。彼はマシンのような存在だった」前田大然の戦列離脱にセルティック指揮官も落胆! CL退場判定には皮肉「もっと強くいけばケガをしなかった」
なぜ久保建英はPKを蹴れなかったのか。キッカー2人が不在でボールを持つも...指揮官が顛末を明かす「何の疑いもない」
古橋亨梧とポステコグルーが再タッグか。トッテナムがスカウトを派遣と現地報道!「適切なオファーなら、出口へ向かう可能性が高い」
セルティック、1月の放出候補8人にリストアップされた日本人は?「ひどく好まれていない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ