• トップ
  • ニュース一覧
  • 「シュートが打てる場面でパスの選択が多かったのでは?」三笘薫の答えは? 勝点2を失ったフルアム戦、味方のミスからの失点には「時間帯とかも考えていかないと」【現地発】

「シュートが打てる場面でパスの選択が多かったのでは?」三笘薫の答えは? 勝点2を失ったフルアム戦、味方のミスからの失点には「時間帯とかも考えていかないと」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

松澤浩三

2023年10月31日

「3枚にした方が安定するんで自信を持ってやれた」

フルアム戦でフル出場した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 ホームにフルアムを迎えたプレミアリーグ第10節。ブライトンは序盤から優勢に試合を進めて26分には先制点を挙げたものの、その後は追加点を奪えずに、逆に後半に追いつかれて結果的には1-1の引き分けに終わった。

 これでプレミアリーグでは4試合勝ち星から遠ざかったなか、試合後の三笘薫は、「完全に支配していた。(悪かったのは)失点のところだけだと思います」と淡々と振り返った。

 この試合では、普段の4-2-3-1から3-4-2-1にシステム変更。サイドバックにけが人が多いための窮余の手段だったとはいえ、これが奏功した。特に前半は、フルアムがブライトンに必要以上の“リスペクト”を見せた結果、シーガルズ(ブライトンの愛称)はバックラインからボールを円滑に回すことができた。

 この点について、三笘は一定の成果を感じており、「(DFを)3枚にした方が安定するんで、そこは自信を持ってやれた。後ろで繋げることがいいことではないですけど、相手が(FW)2枚で来てくれたんで、余裕はありました」と語っている。
 
 その言葉どおり、開始直後からボールを支配したブライトンは、序盤から好機を連発。迎えた17分には、味方の連携からゴール前に抜け出した三笘が左足でシュートを放った。しかし「ミートしきれなかった」と話したミスキックは、ゴールポスト右へと大きく外れた。

 以降も攻め立てたブライトンは26分、待望の先制ゴールを奪う。DFのフリオ・イゴールがドリブルで駆け上がりMFパスカル・グロスへ。そのグロスがボックス近くでFWエバン・ファーガソンへ鋭いパスを出すと、先日19歳になったばかりのアイルランド代表FWが、ワントラップして振り向きざまに左足を一閃。狙いすましたシュートは、ゴールに吸い込まれていった。

 この時点ではブライトンが一方的に攻めまくり、フルアムにはなす術がまるでなかった。サポーターもその雰囲気を察知して、スタジアムには楽勝ムードが流れていた。だがその後は攻勢を続けるも加点ができずにハーフタイムを迎えてしまう。

【動画】フルアム戦で三笘薫が披露したドリブル突破
【関連記事】
「ミトマはトップレベル」「間違いなく重要な選手だ」先制点演出の三笘薫に37歳の“相棒”ミルナーも感嘆!特に評価した点は...
「イライラしている」ブライトン指揮官が指摘した三笘薫の課題は?「スペースがある時は世界最高のウインガーの一人だが...」
「ミトマは尋常じゃない」「過小評価されている」躍動する三笘薫にブライトン指揮官が最大級の賛辞!「サッカー界は彼の価値を理解していない」
「ドクは左に慣れていない。ミトマは...」名将ペップ、“並外れた選手”と絶賛した三笘薫とマンCの超逸材を比較
「代表辞退でミトマは復活した」王者相手に追撃弾演出の三笘薫をブライトン番記者は称賛!世界最高峰SBとのバトルは「パンチを出し合った」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ