• トップ
  • ニュース一覧
  • 「“カマダ問題”が爆発する恐れがある」鎌田大地の出場機会激減で伊メディアが懸念「日本人MFは落胆している」

「“カマダ問題”が爆発する恐れがある」鎌田大地の出場機会激減で伊メディアが懸念「日本人MFは落胆している」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年10月28日

「自信と確信に亀裂が生じるかもしれない」

CLフェイエノールト戦で鎌田(左)を起用しなかったサッリ監督。(C)Getty Images

画像を見る

 重視してきたチャンピオンズリーグ(CL)の舞台でも、出場機会が訪れなかった。ラツィオの鎌田大地に思うところがあるのは想像に難くない。

 セリエA開幕当初は4試合連続で先発出場した鎌田だが、ここ5試合はベンチスタート。2試合は出場機会がなく、3試合は終盤からの投入で、プレータイムはそれぞれ30分を下回っている。

 欧州最高峰の舞台では、グループステージ前節セルティック戦でフル出場。チームも2-1と逆転勝利で今季初白星をあげた。だが、10月25日に行われた第3節のフェイエノールト戦で、鎌田は最後まで出番なし。国内に続き、CLの舞台でも力を見せる機会がなかった。

 鎌田は9月23日のモンツァ戦から公式戦7試合で出場わずか150分。セルティック戦を除くと、6試合で60分という状況だ。コンディションの問題もあり、10月は日本代表からも外れ、ラツィオでトレーニングを積んできた。それだけに、現状にストレスを感じても不思議ではない。

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
 イタリアメディア『calciomercato.com』は、「ラツィオでは『カマダ問題』が爆発する恐れがある」と、その存在がマウリツィオ・サッリ監督のチームにおける問題になりかねないと報じた。

「日本人MFは直近で出場機会がなかったことに落胆している。特別な騒動を起こしてはいないが、居場所を取り戻そうとワナワナしているのだ。フィオレンティーナ戦でまたベンチになれば、夏に同意した計画への選手の自信と確信に亀裂が生じるかもしれない」

 サッリ監督はフェイエノールト戦後、鎌田を投入しなかったことへの悔いがあると話した。だが、試合の性質からマテオ・ゲンドゥジを起用したともほのめかしている。

 鎌田はサッリの下で状況を好転させ、イタリアの地で飛躍することができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「カマダを起用できなかったのは残念だ」なぜ鎌田大地は完敗でも出番が与えられなかったのか。ラツィオ指揮官は“後悔の念”

「魔法の方程式が見つかった」出番激減の鎌田大地、ラツィオ中盤の“最適解”確立で苦境と現地報道「監督はカマダが大好きだが...」 

「育ち悪すぎだろ」内田篤人も驚いた鎌田大地の“素顔”「もっと真面目なのかと思った」 
 
【関連記事】
「カマダを起用できなかったのは残念だ」なぜ鎌田大地は完敗でも出番が与えられなかったのか。ラツィオ指揮官は“後悔の念”
「1番尊敬できるし、憧れる日本人選手」鎌田大地がリスペクトしてやまないレジェンドは?「僕自身の理想というか…」
「魔法の方程式が見つかった」出番激減の鎌田大地、ラツィオ中盤の“最適解”確立で苦境と現地報道「監督はカマダが大好きだが...」
「育ち悪すぎだろ」内田篤人も驚いた鎌田大地の“素顔”「もっと真面目なのかと思った」
「めちゃくちゃ文句を言う」鎌田大地が現日本代表の“雰囲気”を告白「我が強い奴ばっかり。外人みたいで大変」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ