• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】攻撃が弱いチュニジアを完封しても喜べない。久保はゴールが欲しかった。まだ先発の座は確保できてないね

【セルジオ越後】攻撃が弱いチュニジアを完封しても喜べない。久保はゴールが欲しかった。まだ先発の座は確保できてないね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年10月18日

守備陣は試されなかったと感じる

MOMは守田。ボランチだけど、トップ下のような役割を果たしていたね。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表がチュニジア代表に2-0で勝利。4-1で勝ったカナダ戦と合わせて、10月シリーズを2連勝で終えた。

 でも、残念ながら、森保ジャパンの強化にはならなかった印象だ。相手が期待外れだったからだ。

 チュニジアは、4日前に韓国を相手に0-4で負けたせいなのか、わざわざアジアまで来て本調子でなかったからかは分からないけど、守備を過剰に重視した戦い方だった。“5バック”的なシステムで、攻撃に人数をかけないから、怖さがなかった。特に、前半は酷かった。

 メンバーを入れ替えた後半は、多少変わったものの、シュートをほとんど打てなかった。ガンバ大阪のジェバリも、効果的な攻撃はできず、存在感を示せていなかったね。

 日本は5試合ぶりの完封勝利。ただ、攻撃力が弱い相手だと、相対的に守備が良くなったように見えてしまう。厳しい言い方だけど、守備陣は試されなかったと感じる。

 ゴールキーパーの鈴木は、初キャップで完封という結果を残した。若いし今後に期待したいけど、この試合だけで高く評価することはできないよ。
 
 攻撃陣では、古橋は見事に得点を決めたけど、前半のみで交代になった。後半の頭から入った上田は、結果を残せなかった。絶対的なフォワードがいないのは、森保ジャパンの課題の一つだろう。

 2点目を決めた伊東は、いつもの調子ではないように見えた。本来であればもっと良いプレーができるはずだ。

 久保は、クラブでは素晴らしいプレーを連発し、レギュラーで活躍している。ただ、代表ではポジションをまだ探している状態だ。右サイドには伊東、左には三笘、真ん中に鎌田がいるからね。

 今回も質の高いプレーは見せたし、伊東へのアシストを含めて2得点に絡んだ。ただ、4試合で4得点を挙げている中村の台頭も含めて、アタッカー陣との争いを考えると、ゴールという結果が欲しかった。堂安もいるし、まだ先発の座は確保できていないだろう。

 マン・オブ・ザ・マッチは、守田だ。攻撃の起点になって上手く周りを活かしていたし、個人技での突破も見せていた。ボランチだけど、トップ下のような役割を果たしていたね。良さが目立っていたよ。
【関連記事】
「アマチュアの試合だ」韓国に続き日本にも敗戦…アジア勢に連敗を喫したチュニジア代表に母国ファン激怒!「我々はアフリカで最弱の国かもしれない」
チュニジア指揮官が感じた日韓のサッカーの“違い”は?「韓国は1対1の身体的能力が長けていて、日本は...」
「四大陸を制覇した!」チュニジア撃破で“6連勝”の日本代表を中国メディアが手放し称賛!「誰が出ても質が低下しない」
「破滅的な敗北だ!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表に母国メディアが辛辣批評!「日本はやりたい放題」「冗談にもならない」
「トップ下と右サイド、どちらで勝負したい?」躍動した久保建英に直球質問!「もったいないかな」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ