【なでしこジャパン】澤から託されたバトン。宮間がリオ五輪最終予選へ抱える想い 

カテゴリ:日本代表

馬見新拓郎

2016年02月19日

複数のポジションをこなすため、コミュニケーションを怠らない。

キャプテンとしてチームを牽引する宮間。その存在はリオ五輪最終予選でも絶対に欠かせない (C) Getty Images

画像を見る

 2月29日に初戦を迎えるリオ五輪最終予選へ向け、なでしこジャパンは沖縄で2次合宿を行なっている。
 
 5日目の練習後、クールダウンを終えて選手たちが下がっていくなか、チームスタッフと一度ロッカールームへ足を向けたMF宮間あや(湯郷ベル)が、再び練習場に戻り、フィールドに残っていたGK福元美穂(湯郷ベル)と話しながら、ロッカールームへ向かった。
 
「もちろん佐々木監督の指示が第一になりますが、もし監督の指示が届かない時にでも、きちんと試合の状況を把握して、ベンチを含めて同じプレーを選択できるようにならないといけない」
 
 今回の合宿では4-4-1-1や5バック、SBとサイドハーフを時間限定で入れ替えるなど、さまざまな形を試した。
 
「もし5バックなど、いつもと違う形で戦う時には、もっと密に『こういう時はこうする』という考えを、味方同士で詰めていきたい」
 
 加えて、宮間自身は今合宿では海外組が不在だったため、ボランチでのプレーが主だったが、最終予選では宇津木瑠美(モンペリエ)がボランチに入ることが予想され、サイドハーフやトップ下など複数のポジションでのプレーが求められそうだ。
 
 対戦相手と試合状況、または味方の調子によっていくつかのポジションをこなすため、キャンプではとにかく周囲とのコミュニケーションを図った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ