【なでしこジャパン】リオ五輪出場への鍵とは? 最終予選直前キャンプで示された強化ポイント 

カテゴリ:日本代表

馬見新拓郎

2016年02月19日

実戦を想定したトレーニングで連係面を強化。

リオ五輪最終予選へ向け強化合宿を行っているなでしこジャパン。実戦形式のトレーニングで連係を高めている。 (C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 2月29日から大阪で開催されるリオ五輪のアジア最終予選に向け、なでしこジャパンは1月の石垣島合宿に続き、2月13日~19日まで沖縄で2次合宿を行なっている。
 
 参加は国内組の25人で、最終予選直前に行なわれる大阪合宿(2月22日~)のメンバー選考(海外組を含めた24人~25人になる予定。最終予選の登録メンバーは20人)と連係強化のふたつを主眼とした。
 
 実戦形式のトレーニングでは、主力と見られるメンバーにFW横山久美(長野L)、FW菅澤優衣香(千葉L)ら比較的経験が少ない選手たちが入った。一方、昨年6月の女子ワールドカップで控えに甘んじたベテランDF近賀ゆかり(INAC)が右SBに復帰するなど、チーム内の競争は激しくなっている。
 
 また、予選の第1戦・オーストラリア戦(2月29日)を見据え、県内の男子高校生や男子大学生と合同練習を行ない、フィジカルとスピードに優れた相手との戦い方を研究した。
 
 例えば、4バックを組んでCBのひとりがインターセプトをしようと前へ出てもボールを奪い切れなかった際、残った選手たちがどう対応するかなど、さまざまな局面を想定して練習をこなした。
 
 佐々木則夫監督は「相手のボールの持ち方や長いリーチを意識し、少し(守り方を)変化させなければいけない」と語り、練習開始前には、過去の自分たちの練習の様子を収めたVTRを見ながらミーティングを行なった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ