【セルジオ越後の天国と地獄】ナビスコカップが文字通り“消滅”してしまう前にJリーグがすべきこと

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年02月19日

20年以上に渡る恩恵に報いることができているのか。

92年から続くナビスコカップ。同一冠スポンサーのカップ戦としてギネス世界記録を持つ大会だ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 国内3大タイトルのひとつ、ナビスコカップの名称について話題になっているね。冠スポンサーである「ヤマザキナビスコ」の親会社である山崎製パンと、同社が製造を手掛けてきた「ナビスコ」製品の商標を持つアメリカのモンデリーズ・インターナショナルとの契約が切れ、「ヤマザキナビスコ」の社名が「ヤマザキビスケット」に変わるという。
 
 このことで、“ナビスコカップ”の愛称で親しまれてきたカップ戦も、その呼び名が変わるというわけだ。今年は従来通りの名称で実施され、来年以降に変更されるようだね。
 
 どういうネーミングになるか気になるところだけど、そもそも僕はこの大会について、引っかかっていることがあるんだ。
 
 92年から続くナビスコカップは、同一冠スポンサーのカップ戦としてギネス世界記録を持つ大会だ。つまり、20年以上に渡って日本サッカーは恩恵を受けてきたわけだ。
 
 でも、これだけ長い期間、協力してくれている企業に対して、それに見合う形でJリーグは報いることができているのか。「ヤマザキナビスコ」にちゃんとしたお返しができているのか疑問だよね。
 
 多くの目に触れれば触れるほど、スポンサー企業からすれば喜ばしいこと。だけど、決勝戦はスタンドが埋まるけど、それ以外では空席が目立つ試合が少なくない。その意味で、「ヤマザキナビスコ」が十分に満足しているとは言えないんじゃないかな。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ