• トップ
  • ニュース一覧
  • 「100%に持っていくのは難しい」三笘薫が代表辞退直前に明かしていた自身のコンディション。リバプール戦の“PKなし判定”については「取ってほしい気持ちはありますけど...」【現地発】

「100%に持っていくのは難しい」三笘薫が代表辞退直前に明かしていた自身のコンディション。リバプール戦の“PKなし判定”については「取ってほしい気持ちはありますけど...」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

松澤浩三

2023年10月11日

「身体が動き始めてから仕掛けていった感じです」

リバプール戦後に日本代表からの辞退が発表された三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 10月8日に行われたブライトン対リバプール戦。プレミアリーグの上位対決となったこの試合は、日本のファンにとっては三笘薫と遠藤航という代表の主力が激突する“日本人ダービー”としても注目を集めていた。

 結果から言えば、三笘は定位置となった左サイドハーフで先発フル出場した一方、代表の主将を務める遠藤は出番が訪れずに、肩透かしになってしまった。しかし試合自体は、一進一退の攻防で見ごたえのある一戦となった。

 ブライトンの優勢で試合が始まった中、序盤の三笘はボールタッチ数が極めて少なく、   
 開始から10分頃まではフリーキックのブロックで身体に当たったのと、ビルドアップの際に左サイドの低い位置でボールを受けたが、何もせずにパスをリターンしたシーンぐらいしかなかった。

 それでもブライトンの攻勢は続き、迎えた20分、右サイドハーフで先発起用されたシモン・アディングラがリバプール守備陣の一瞬の隙を突いて先制点を奪う。
 
 フィルジル・ファン・ダイクからアレクシス・マカリステルへの緩いパスをコートジボワール代表は見逃さなかった。力ないボールを素早くカットすると、ゴールキーパーのアリソン・ベッカーが飛び出していたことを確認し、すかさず右足を振り抜いて無人のゴールを狙った。低い弾道のシュートはアリソンの脇を通り過ぎてゴールに吸い込まれた。

 その後もブライトンペースで試合は進んだが、同40分にショートカウンターから鮮やかなパス回しで崩され、最後はサラーのシュートで被弾。さらに前半のアディショナルタイムにはPKを献上し、エジプト代表FWに再びネットを揺らされ、逆転を許してしまう。

 嫌な流れとなったブライトンだったが、後半になるとギアを上げていく。前半は精彩を欠いた三笘も、後半になると徐々に“らしさ”のあるプレーが出始める。60分ごろから立て続けてドリブルで仕掛ける場面も見られ、本人も後半になり「身体が動き始めてから仕掛けていった感じですね」と振り返った。
 
【関連記事】
三笘と前田の不参加で日本代表の左サイドはどうなる?“驚異の得点率”を誇る23歳の起用が有力。お勧めしないのは...
「驚きだった」なぜELで“温存交代”をしたはずの遠藤航に出番がなかったのか。現地メディアも首を傾げた起用法をクロップ監督が説明「ブライトンのマンマークには...」
クロップになだめられたら仕方ない? 三笘のプレーがノーPK→猛抗議のブライトン指揮官が愛を語る「彼が何かを言えば99%賛成」
「守備の出来が平均以下」遠藤航ではなくマカリステルをアンカー起用するクロップ采配に地元メディアが懸念「唯一のスペシャリストを見過ごし続けるのは心配だ」
「結構怒った」「すごいバカだと思うんですけど...」南野拓実、“意味不明”と世間を騒がせたキックオフドリブルの真相をついに告白。まさかの事実に内田篤人は大爆笑「被害者だったんだね」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ