• トップ
  • ニュース一覧
  • 「攻撃を牽引」「同僚が焦るなか一人だけ...」EL初アシストで“歴史的勝点”に貢献の三笘薫をブライトン番記者が激賞「能力の高さとインテリジェンスは代え難い」【現地発】

「攻撃を牽引」「同僚が焦るなか一人だけ...」EL初アシストで“歴史的勝点”に貢献の三笘薫をブライトン番記者が激賞「能力の高さとインテリジェンスは代え難い」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2023年10月08日

ブライトンの良い面と悪い面が顔を出した

マルセイユ戦でEL初アシストをマークするなど攻撃を牽引した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 10月5日、敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)のマルセイユ戦を引き分けで終えたブライトン。クラブ史上初となる欧州カップ戦のアウェーマッチは、このチームの良い面と悪い面が顔を出した試合となった。

 立ち上がりからマルセイユが積極的にブライトンゴールに迫ると19分、シャンセル・ムベンバがあっさりと先制点を決めた。さらに直後にはジョルダン・ヴェルトゥも加点し、瞬く間にシーガルズ(ブライトンの愛称)は2点を追う展開に陥る。ブライトン陣営には、そのわずか数日前のアストンビラ戦で味わった1-6の大敗の可能性が頭をよぎったはずだ。

 それほど前半のマルセイユは攻撃的で、ボールを持つたびに得点しようとする気迫と危険さを伴っていた。しかし後半は状況が一変する。54分にパスカル・グロスが1点を返すと、試合終了2分前にはジョアン・ペドロがPKをきっちりと沈めて同点に追いつくことに成功。結果的には、クラブ史上初めての欧州カップ戦での勝点をもぎ取った。

【動画】海外記者が絶賛!マルセイユ戦で三笘薫が絶妙のEL初アシスト!
 その中心にいた一人が、三笘薫だった。前後半で流れがまったく異なったこの試合を通じて、三笘のパフォーマンスにはブレが少なかった。前半、チームは明らかに走り負けて、中盤を支配された。しかし定位置の左ハーフでプレーした日本代表は、チームメイトが焦りを見せる中でも 、一人だけ“クールさ”を維持していた。

 11分、ペナルティエリア内アで敵のゴールキーパーのクリアミスを奪い取ると、味方とのパス交換から、三笘は中央に走りこんだアンス・ファティにファイナルボールを送り込む。だが敵ディフェンダーが素早く反応して距離を詰め、バルセロナからレンタル移籍でやってきた20歳の逸材はシュートに持ち込むことができなかった。

 その後、チームはフランスの強豪の鮮やかな攻撃、そして普段は頼れる守護神のジェイソン・スティールとキャプテンのルイス・ダンクのミスもあり、連続失点を喫する。それでも三笘は常に前を向き、ロベルト・デ・ゼルビ監督率いるチームの攻撃陣を引っ張り続けた。
 
【関連記事】
「思い浮かぶのは彼だけ」アーセナルOBがサカの代役に日本人アタッカーの獲得を提言!「108億円は必要」「エミレーツを輝かせる」
「1月にミトマと契約したい」三笘薫の獲得を巡ってマンチェスター・ダービーが勃発と現地報道!「シティの最有力ターゲット」「マンUはキエーザとニャブリが難しく...」
「パスが78なんて無礼だ」「冗談だろ?」注目が増す三笘薫、ゲーム能力値の“過小評価”が物議!「ドリブル88 ...敬意を持ってくれ」
「三笘との対戦は嬉しい」遠藤航が大注目のブライトン戦に意気込み!「日本のリバプールファンは寝ずに見てくれるだろう!」
「計り知れないタレント」「アシストは完璧」ELで活躍の三笘薫を伊記者が称賛!「デ・ゼルビは日いずる国の科学者なしではいられない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ