【スカパー!SOCCER】FC東京、千葉、磐田が各ラウンドを制覇! 『Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ』が幕を閉じる

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月12日

FC東京はダービーを制して優勝。千葉は土付かずの3連勝!

FC東京は3試合で計3得点。札幌戦ではN・バーンズ(16番)がゴールを挙げた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

千葉のアランダ(22番)が、まずまずのパフォーマンスを披露。パスセンスに長けた新助っ人は攻撃を牽引してくれそうだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 熱戦が繰り広げられた『Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ』が幕を閉じた。
 
 1月24日(日)から30日(土)にかけて行なわれた沖縄ラウンドでは、FC東京が2勝1分で優勝。初戦の琉球にスコアレスで引き分けたものの、第2戦では札幌を2-1で下し、最終戦の東京ダービーを1-0で制して頂点に立った。
 
 6年ぶりにFC東京に復帰した城福監督は、「今回の沖縄キャンプではふたつのシステムを並行して試すことができました。コンディションもゲームのためではなく、シーズンを戦い抜くことを考えながら取り組むなかで、この3試合をなんかとかやり抜き、僅差ながらもひとつ目のトロフィーを手にすることができた」とこの3試合を総括。水沼や駒野といった新戦力もそれぞれ活躍し、調整の順調さをうかがわせた。
 
 続く宮崎ラウンドは1月31日(日)から2月4日(木)にかけて行なわれ、こちらは千葉が優勝を飾った。初戦の熊本戦を2-1でものにして勢いに乗った千葉は、第2戦で福岡に5-1と快勝。さらに、最終戦ではカウンターで奪った1点を活かし、1-0で鹿島を破った。
 
 土付かずの3連勝を飾った千葉の関塚監督は、「選手がこれだけ入れ替わったなかで、一つひとつ戦って結果を残していく。そのなかでもっと内容を詰めていくという点では良かった」と選手をテストしながら結果を残したチームの出来に手応えを得たようだ。

[沖縄ラウンドの結果]
◆1/24(日)
・東京V1-0札幌
 得点者/V=高木大
・FC東京0-0琉球
 得点者/なし
 
◆1/27(水)
・琉球2-0東京V
 得点者/琉=藤澤、パク・リキ
・札幌1-2FC東京
 得点者/札=都倉 F=水沼、N・バーンズ
 
◆1/30(土)
・琉球2-4札幌
 得点者/琉=田中、パブロ 札=都倉、中原、進藤、イルファン
・FC東京1-0東京V
 得点者/F=橋本
 
 
[宮崎ラウンドの結果]
◆1/31(日)
・熊本1-2千葉
 得点者/熊=八久保 千=井出、小池
・鹿島2-0福岡
 得点者/鹿=垣田、昌子
 
◆2/2(火)
・千葉5-1福岡
  得点者/千=吉田②、菅嶋、町田、井出 福=為田
・熊本0-2鹿島
  得点者/鹿=遠藤、ブエノ
 
◆2/4(木)
・福岡0-0熊本
 得点者/なし
・鹿島0-1千葉
 得点者/千=エウトン
【関連記事】
【J1】全18クラブのいち押しは? 注目ルーキー図鑑2016
【J1】2016年シーズンの主役に名乗り! 期待のニューフェイス11選
【J1】リオ五輪世代の23歳以下限定 2016年ブレイク候補10選
【タマジュンの欧州視察】プレミア天王山で解明された“慎司られない”現象の秘密
現地記者が伝える復帰間近の内田篤人「笑顔が戻った“ウッシー”」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ