【セリエA現地コラム】あの輝きを再び――。エル・シャーラウィが新天地で復活の兆し

カテゴリ:連載・コラム

片野道郎

2016年02月11日

「今後10年を担うスーパータレント」と称賛されたが…。

デビューとなったフロジノーネ戦でいきなり決勝点を挙げたエル・シャーラウィ。ミラン時代にイブラヒモビッチから学んだというヒールキックだった。(C)Alberto LINGRIA

画像を見る

 冬のメルカートでモナコからローマに移籍したステファン・エル・シャーラウィが、新天地で水を得た魚のような活躍を見せている。
 
 【2016年欧州冬のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ
 
 移籍してからの1週間で3試合に出場して2得点・1アシスト。大きな武器であるスピードとタイミングの感覚を生かしてペナルティーエリアに入り込み、左サイドからのクロスをヒールボレーで決めたフロジノーネ戦(セリエA22節)のゴールはとりわけ美しかった。
 
 オープンスペースを攻め上がる高速ドリブルや思い切りの良いミドルシュートといった以前からの長所ももちろん健在だ。左サイドを起点として積極的にフィニッシュに絡みながら、守備でも骨惜しみせずに長い距離を戻る献身的かつキレのあるプレーぶりは、ミランでもっとも輝いていた時代のパフォーマンスを彷彿させる。
 
 そう、ミラン。育ったジェノアからセリエBのパドバでの「武者修行」を経て18歳で引き抜かれ、2年目の2012-13シーズンにはマッシミリアーノ・アッレグリ監督(現ユベントス)の下でレギュラーに定着。開幕からクリスマスまでの17試合で14ゴールを挙げ、「今後10年ロッソネーロ(ミランの愛称)の攻撃を担うスーパータレント」と、もてはやされたものだった。
 
 しかし年が明けた13年1月、マンチェスター・シティからマリオ・バロテッリが移籍してきたのと機を同じくして深刻な不振に陥り、その後の21試合でわずか2得点。続く13-14シーズンは、開幕直後の9月に中足骨を骨折、その後も足首に故障を抱えてほぼ1シーズンを棒に振った。
 
 昨シーズンも、フィリッポ・インザーギ監督の下で前半戦は左ウイングのレギュラーを務めたもののパフォーマンスは低調、そして1月にはまたも中足骨骨折を繰り返して、復帰したのは5月になってからだった。
 
 12-13シーズンの前半戦にあれほどまばゆい輝きを見せたにもかかわらず、その後の2年半はその灯が消えたまま。そして昨夏、シニシャ・ミハイロビッチ新監督の構想から外れる形で、フランスのモナコに買い取りオプション付きでレンタル移籍することになった。
 
 そのモナコでは4-2-3-1の左ウイング、時には1トップとしてコンスタントに出場し、公式戦24試合で3ゴール・1アシストというまずまずの成績を残した。
 
 しかしモナコは、レンタル契約上25試合に出場すると発生する1300万ユーロ(約18億2000万円)での買い取り義務を避けるために、24試合で起用をストップ。ウインターブレイクに入ると、買い取るつもりがない旨をミランに伝えたのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ