【ACLプレーオフ採点&寸評】FC東京 9-0 チョンブリ|早くもエンジン全開の東。新加入の水沼、阿部は及第点

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年02月10日

初の公式戦で躍動したのは東、米本、森重。

【警告】FC東京=なし チョンブリ=ロドリゴ(10分)、ノッパノン(90+1分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】東 慶悟(FC東京)

画像を見る

今季初の公式戦で躍動感溢れるプレーを見せた東。後半早々にベンチに退いたが、インパクトは十分だった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
FC東京 6.5
極寒の影響か、チョンブリの動きが悪すぎた。だから、選手の採点は比較的抑え目にした。とはいえ、開始早々に先制し、きっちりと追加点を奪って前半のうちに3点をリードした点は評価できる。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
47 秋元陽太  5
23分に自身のキックミス(エリア正面でFKをとられる)でピンチを招く。そこで1点を返されていたら試合の展開は読めなくなっていただけに厳しく評価した。
 
DF
2 徳永悠平 6
安定した走力で右サイドを上下動。34分には水沼の縦パスに素早く反応して絶妙なクロスで東のゴールをアシストするなど、攻撃面でも存在感を示した。
 
3 森重真人 6.5
ラインコントロールをしつつ、チャンスと見るやドルブルで攻撃参加。余裕すら感じさせるパフォーマンスでチョンブリを圧倒した。
 
5 丸山祐市 5.5
31分には水沼のCKから強烈なヘッド。ゴールにならなかったものの、そのシュートで強いインパクトを残した。ただ、足もとでボールが収まらない場面も。
 
50 駒野友一 6
高精度のクロスとフィードで左サイドから好機を演出。最終ラインに上手く溶け込み、目立ったミスはなかった。さすがベテランといういぶし銀の働きだった。
 
MF
7 米本拓司 6.5
ピッチを縦横無尽に走り回り、チョンブリのパスコースをだいぶ消していた。こぼれ球への反応も鋭く、56分には駒野のクロスから今季初ゴールを決めた。
 
14 ハ・デソン 5.5
前半は米本のサポートもあり落ち着いていたプレーしていた印象。しかし、後半に入るとややパスミスが目立つようになった。味方との連係を高めたい。
 
 
38 東 慶悟 7 (56分OUT)
開始直後からエンジン全開。躍動感溢れるプレーで攻撃陣を牽引し、複数のゴールに絡む大活躍を見せた。56分に交代したとはいえ、この男こそMOMに相応しい。
 
48 水沼宏太 6 (76分OUT)
立ち上がりの3分にCKからオウンゴールを誘発したのをはじめ、得点に結び付くプレーが目を引いた。外す回数も多かったが、悪い出来では決してない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ