• トップ
  • ニュース一覧
  • 「役に立たなかった」なぜ天敵ワン=ビサカを起用せず? マンUの三笘対策を“愚策”と現地酷評!「まるでチャリティーマッチのようだった」

「役に立たなかった」なぜ天敵ワン=ビサカを起用せず? マンUの三笘対策を“愚策”と現地酷評!「まるでチャリティーマッチのようだった」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年09月20日

中盤をダイヤモンド型にした4-4-2を採用

三笘の天敵ワン=ビサカ(29番)が投入されたのは85分だった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 9月16日に開催されたプレミアリーグの第5節で、マンチェスター・ユナイテッドは三笘薫を擁するブライトンとホームで対戦。1-3で黒星を喫した。

 ユナイテッドはこの一戦で、昨シーズンの対戦で三笘を封じ込めた“天敵”アーロン・ワン=ビサカではなく、ディオゴ・ダロを右SBで起用した。

 さらに、基本フォーメーションの4-2-3-1ではなく、中盤をダイヤモンド型にした4-4-2を採用。三笘サイドにスコット・マクトミネイを置く戦術を取った。

 これらの戦術が“愚策”と酷評されている。

 米大手メディアのユナイテッド番を務めるロブ・ドーソン記者は、「ワン=ビサカではなくダロがミトマと1対1になるようにやり方を変えたのは役に立たなかった。これまでプレーしたことがなく、おそらく(チームのウインガーの数を考慮すると)二度とプレーすることはないであろう、マクトミネイを含むダイヤモンド型の中盤を思いついたことも」とこき下ろしている。
 
 また、地元紙『Manchester Evening News』は、三笘が絡んだ2点目について、「(ブライトンのロベルト・)デ・ゼルビ監督のチームは、後半の試合再開直後に2-0としたが、(ユナイテッドの)選手たちが著しく消極的だったため、このゴールが最も懸念される失点だった。まるでブライトンがチャリティーマッチでプレーしているかのように見えた」とバッサリ。こう糾弾している。

「ダロがミトマにタイトに行かなかったのは、どうやら彼をマークするのがマクトミネイの仕事だったからのようだ。しかし、ブライトンは後者が到着するまでにアタッカーを前に送り込んでいため、簡単にボックス内に侵入した」

 いまやプレミアリーグ屈指の打開力を誇る日本代表アタッカーのマークを中途半端にしたのは、いただけなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】見事なトラップ!三笘が絡んだブライトンの追加点

「彼の限界は明らか」「何ももたらさない」三笘薫らに翻弄されたマンUのMFを地元紙が“3点”の衝撃評価で辛辣批判

プレミア2年目でマークは厳しくなったか?三笘薫が明かすイングランド代表DFとの攻防。「本当に難しくなっている」
【関連記事】
「彼の限界は明らか」「何ももたらさない」三笘薫らに翻弄されたマンUのMFを地元紙が“3点”の衝撃評価で辛辣批判
「最大のスターであるミトマがいる」三笘薫には“バルサの元10番”ファティも敵わない? 母国紙が定位置争いに見解「左ウイングでプレーするのは難しい」
サンチョの規律問題で揺れるマンU、後釜に三笘薫とニャブリをピックアップと移籍精通記者が報道!「契約を計画している」
「ミトマを知っていますか?」ブライトンの街で直撃!三笘薫の知名度は? 敵サポが「エキサイティングな選手」と賞賛も、“意外な結果”に...【現地発】
「今の彼は私より優れている」手が付けられない久保建英をソシエダのスーパーレジェンドが大絶賛!「1対1で素晴らしいし、左足のシュートも上手い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ