• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後】明確な“穴”を突いてドイツに完勝した森保ジャパン。事前によく研究して、しっかりと活かしたね

【セルジオ越後】明確な“穴”を突いてドイツに完勝した森保ジャパン。事前によく研究して、しっかりと活かしたね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年09月10日

カタールW杯での対戦時よりも内容は上

右サイドから効果的な仕掛けを繰り出した伊東。先制点を挙げ、上田の2点目もアシストと、目に見える結果を出したね。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本がドイツに4-1で、ワールドカップに続いて連勝。カタールでの勝利がフロックじゃなかったイメージを作れて、すごく良かったね。

 森保ジャパンは試合序盤、高い位置から積極的にプレスをかけた。パスをつなぐことを優先する相手から、ボール奪取に成功。開始早々に、伊東のゴールで先制できた。

 直後に追いつかれたけど、早いタイミングで上田のゴールで勝ち越せた。これが大きなポイントで、余裕が生まれたのだろう。その後は、ブロック優先に切り替えた守備が、よく機能していた。

 後半開始から、システムを4バックから3バックに変更。5バック気味になる時もあって、両ウイングバックによる攻撃の回数は極端に減ったけど、カウンター攻撃は上手くいった。試合終盤には久保の活躍もあり、浅野の得点で試合を決定づけて、田中もゴールを奪った。

 守備では、前半の途中から引き続き、ブロックを形成。相手のパス主体の攻撃を、しっかりと封じた。終盤に2ゴールを奪い2-1で逆転勝ちしたカタール・ワールドカップでの対戦時よりも内容は上だった。
【PHOTO】日本代表のドイツ戦出場17選手&監督の採点・寸評。8人が7点台の高評価!MOMは1G1Aの伊東純也ではなく…
 日本の勝因は、相手の弱点をきっちりと突いた点だろう。作戦が上手くハマったね。

 ドイツの左サイドバックだったシュロッターベックは明確な“穴”で、日本は右サイドの菅原や伊東が再三突破。前半の終了間際には、ひどいパスミスからボールを奪った上田が、ハーフウェーライン付近から独走してチャンスを作った。

 また、後半途中に代わって左サイドバックに入ったゴゼンスに対しても、久保が2度も攻略して3点目、4点目につなげた。

 日本の4ゴールは、すべて右サイドから。片側にこれだけ集中するのは珍しいよね。最近のサッカーは“情報”も重要だ。森保ジャパンは事前によく研究して、しっかりと活かしたのだろう。

 ドイツからすれば、逆サイドの三笘には2人のマークを付けるなど対策して、決定的な仕事をさせなかった、これに対して左サイドは最後まで修正できなかった。フリック監督の責任とも言えるけど、ゴゼンスを投入して手は打っているし、選手層が薄いのかもしれない。
【関連記事】
【日本4-1ドイツ|採点&寸評】圧巻の4発で強豪を返り討ち!8人が7点台に値する好パフォーマンス!MOMは1G1Aの伊東純也ではなく…
「さすがに100%出ると思ってた」15分で2Aの久保建英、スタメン落ちに本音「正直がっかりしましたけど...」
「得点力なし、創造性なし、速さなし」日本に大敗のドイツ代表を母国メディアが採点!3選手に最低評価「彼がプレーを続けたことに驚いた」
「我々と真逆。格差拡大」韓国メディア、森保Jが難敵粉砕で嘆き!「ドイツは日本の強さを証明させられた犠牲者」
「威厳は失墜したのだ…」日本代表に4発粉砕された大国ドイツに母国メディアも悲壮感たっぷり!「壊滅した」「荒廃した大地のようだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ