• トップ
  • ニュース一覧
  • 「威厳は失墜したのだ…」日本代表に4発粉砕された大国ドイツに母国メディアも悲壮感たっぷり!「壊滅した」「荒廃した大地のようだ」

「威厳は失墜したのだ…」日本代表に4発粉砕された大国ドイツに母国メディアも悲壮感たっぷり!「壊滅した」「荒廃した大地のようだ」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年09月10日

悪夢の4連敗。自国開催のEURO2024へも暗雲

日本へのリベンジを果たせなかったドイツ。ホームスタジアムにブーイングがこだました。(C)Getty Images

画像を見る

 あまりにもショッキングな結末にドイツのメディアも唖然としている。

 現地9月9日、ドイツ・ヴォルフスブルクで日本代表はドイツと対戦し、4-1の快勝を収めた。11分に伊東が先制して幸先の良いスタートを切ると、19分にサネに同点とされても慌てず、その3分後に上田が勝ち越し点を奪ってみせる。後半も落ち着いた試合運びでゴールを割らせず、逆に89分とアディショナルタイムに浅野、田中が連続ゴールを挙げた。4-1という望外のスコアで、カタール・ワールドカップに続く“連勝”を飾ったのだ。
【PHOTO】敵地で鮮やかにドイツを4発粉砕! 森保ジャパンのハイパフォーマンスを厳選フォトで!

 ドイツの全国紙『Frankfurter Rundschau』もさすがに嘆き節が止まらない。「ドイツの威厳は失墜したのだ。フリック体制は終焉か?」と題して、次のようにレポートしている。

「自国開催となるEUROを9か月後に控え、ドイツ代表はきわめて深刻な状況にある。アジアの強豪国である日本を招いて勝利を決め込み、直近3連敗の悪しき流れを断ちたかったのだろうが、ものの見事に目論見は外れた。

 日本はドイツとは対照的にエネルギッシュで自信に満ち、ゲーム運びも秀逸だった。ドイツは攻め込んでも最後のパスやシュートといったワンプレーの質が低く、終了間際にはあり得ない守備の緩慢さで連続失点する始末。(監督である)フリックの求心力も限界に達した感がある。
 
 いまのドイツはまるで荒廃した土地のようだ。実に恥ずかしい結果であり、壊滅的なパフォーマンスだったと言わざるをえない」

 ドイツはこれで4連敗。現地火曜日にはフランスとの親善試合が組まれている。かたや日本は同日、ベルギーのゲンクでトルコ代表とのテストマッチに臨む。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「悪夢、屈辱がふたたび…」大量4失点で森保ジャパンに屈したドイツ代表を独専門誌が糾弾!「日本を褒めるしかない」

「完璧に崩された!」敵地でドイツを4発粉砕した日本代表に独メディアも脱帽! 母国代表チームには「メンタルにも問題がある」と愕然

「えっ!本当ですか?」日本代表の練習を見に来たドイツのファンを取材したら、独レジェンドの息子だった【現地発】
【関連記事】
「完璧に崩された!」敵地でドイツを4発粉砕した日本代表に独メディアも脱帽! 母国代表チームには「メンタルにも問題がある」と愕然
「悪夢、屈辱がふたたび…」大量4失点で森保ジャパンに屈したドイツ代表を独専門誌が糾弾!「日本を褒めるしかない」
「ずっと自己批判している」好守連発も日本に4失点のドイツ代表守護神が歴史的惨敗を猛省!「なぜか僕たちは力を発揮できないんだ…」
「なんたる屈辱だ!」またしても日本に敗れたドイツ代表、母国ファンの怒りが爆発!「歴史上最悪の瞬間を経験した」
「日本は当然のように勝利した…」森保ジャパンに惨敗を喫したドイツ代表のキミッヒが緊急事態に警鐘!「質が高いと思い込んでいるだけだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ