• トップ
  • ニュース一覧
  • 「8秒間ボールを保持しただけ」退場に繋がる冨安健洋の“遅延行為”警告に宿敵OBも唖然!「イエローは厳しい」

「8秒間ボールを保持しただけ」退場に繋がる冨安健洋の“遅延行為”警告に宿敵OBも唖然!「イエローは厳しい」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月22日

「ハバーツは15秒間もボールを保持」

遅延行為で1枚目のイエローカードを受けた冨安。(C)Getty Images

画像を見る

 2枚とも不運なイエローカードだったと言えるだろう。

 現地8月21日に行なわれたプレミアリーグの第2節で、冨安健洋が所属するアーセナルはクリスタル・パレスと敵地で対戦。54分にマーティン・ウーデゴーが決めたPKで、1-0と勝利している。

 左SBで先発出場した冨安は、60分にスローインを投げ入れるのが遅れて遅延行為で警告を受ける。さらにその7分後には、相手FWジョーダン・アユーを後方から倒したプレーで2枚目のイエローカードを提示され、退場となった。
【動画】英識者も痛烈批判!冨安も抗議した痛恨退場シーン
 軽い接触だった2枚目と同様に、1枚目も物議を醸している。英メディア『talkSPORT』によると、アーセナルの宿敵トッテナムのOBであるジェイミー・オハラ氏は、こう主張した。

「最初のイエローは厳しい。カイ・ハバーツは15秒間サイドでボールを保持し、その後にトミヤスにボールを投げた」

 アーセナルのアカデミー出身者でもある元DFは「トミヤスはボールを持っていただけで、実際には本当に誰かにボールを投げようとしている。彼は8秒間ボールを保持し、警告を受けた」と苦言を呈している。

 オハラ氏は同情すべきイエローだったと考えているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「8秒間ボールを保持しただけ」宿敵OBも冨安に同情した1枚目のイエロー

「本当に厳しい」本人も抗議した冨安健洋の退場、元アーセナルFWが判定に苦言!「全く何もしていない」

「ジャッジ厳しすぎやろ」「意味わからん」冨安健洋、7分間でイエロー2枚の退場判定に怒りや同情の声!「可哀想すぎる」
【関連記事】
「トミヤスのイエローは絶対に失態だ!」冨安健洋の退場判定を元チェルシーDFが痛烈批判!「触れさえしてない」「常識があるなら、取り消すべき」
「大きな影響を与える」冨安健洋の“遅延行為”にマンUのレジェンドOBが見解。プレミア全体の意識に作用すると推測
「本当に厳しい」本人も抗議した冨安健洋の退場、元アーセナルFWが判定に苦言!「全く何もしていない」
「私にとっては非常に明白」アーセナル指揮官アルテタが冨安健洋の退場に言及
「ジャッジ厳しすぎやろ」「意味わからん」冨安健洋、7分間でイエロー2枚の退場判定に怒りや同情の声!「可哀想すぎる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ