• トップ
  • ニュース一覧
  • 「極めてばかげたゴールだ!」スウェーデンの1点目に各国から冷ややかな声。母国メディアが伝える「先制点が嘲笑された」

「極めてばかげたゴールだ!」スウェーデンの1点目に各国から冷ややかな声。母国メディアが伝える「先制点が嘲笑された」

カテゴリ:女子サッカー

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年08月12日

得点を奪った本人は…

スウェーデンが日本に2-1で勝利。4強入りを果たした。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月11日、オーストラリア&ニュージーランドで開催されている女子ワールドカップの準々決勝で、日本女子代表はスウェーデン女子代表と対戦。1-2で敗れた。
【動画】日本戦で奪ったスウェーデンの先制点
 日本は32分にセットプレーの流れから最後はアマンダ・イレステットに押し込まれて先制を許すと、51分には長野風花が自陣ペナルティエリア内でハンドを取られてPKを献上。これをフィリパ・アンイエルダールに決められて2点をリードされる。

 試合終盤の87分には、林穂之香のゴールで1点差に詰め寄ったが、あと1点が足りず、準々決勝で敗退となった。

 なでしこジャパンを下して4強入りを果たしたスウェーデンだが、イレステットの得点が話題を呼んでいるようだ。スウェーデンメディア『Expressen』は、「日本戦の彼女の先制点が嘲笑された」と伝えている。
 
 そのゴールというのは、スウェーデンの選手たちがゴール前の混戦のなかで何度もリバウンドを拾ってシュートを狙うも、すべて日本の守備陣にブロックされ、最後にこぼれたボールを強引にねじ込むというものだった。

 同メディアは、「(英公共放送)BBCは『これまで見たなかで、極めてばかげたゴールのひとつだ!』と述べ、ノルウェーのコメンテーターは、『ワールドカップ史上最も醜いゴール』と評した」と紹介している。

 しかし、ゴールを決めた本人はこう反論している。

「誰がどう決めたなんて、関係ない。ボールが足もとに来た時、私はただ『決めれる』と思った。トレーニングではそのことに時間を費やしている。私たちは強いし、良い形でできている」

 なお、イレステットは今大会ここまで4ゴールをマークしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】長谷川唯のダブルピース、猶本光の決めカット、熊谷紗希のキラキラネイル...なでしこジャパンFIFA公式ポートレートギャラリー

「なでしこが盛り上がっていける風潮のなか...」長谷川唯がベスト8敗退の“勝負弱さ”を悔やむ。「ここで負けてしまっては意味ない」

「胸が張り裂けそう」「素晴らしい振る舞いだ」泣き崩れる19歳・浜野まいかを慰めた同僚のスウェーデンDFに賛辞!本人は「彼女が悲しんでいるのを見て私も悲しかった」
 
【関連記事】
「W杯史上最も醜いゴールのひとつ」日本戦の先制点を隣国メディアから揶揄されたスウェーデンの選手たちは不快感!「はぁ?」「不愉快ね」
「日本はすべてがおかしかった」絶好調なでしこジャパンの“急停止”に元英女子代表のレジェンドも悲鳴!「あんなに娯楽を提供してくれたのに…」
「なでしこが盛り上がっていける風潮のなか...」長谷川唯がベスト8敗退の“勝負弱さ”を悔やむ。「ここで負けてしまっては意味ない」
「胸が張り裂けそう」「素晴らしい振る舞いだ」泣き崩れる19歳・浜野まいかを慰めた同僚のスウェーデンDFに賛辞!本人は「彼女が悲しんでいるのを見て私も悲しかった」
「世界の勢力図が変わった!」日本W杯敗退→初優勝チームの誕生確定にファン興奮!「スペインが強そう」「いやイングランドだろ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ