• トップ
  • ニュース一覧
  • 地元・旭川実が強豪・帝京長岡を振り切って16強入り! ホームの“熱狂的な声援”を受けていざ市船撃破へ【総体】

地元・旭川実が強豪・帝京長岡を振り切って16強入り! ホームの“熱狂的な声援”を受けていざ市船撃破へ【総体】

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2023年07月31日

観衆1600人が生み出す“完全アウェー”の空気感

電光石火の3ゴール選手で試合を優位に進めた旭川実。写真:森田将義

画像を見る

 北海道を舞台に30競技が実施されている今年の全国高校総体(インターハイ)。男子サッカー競技は北海道第二の都市、旭川市で開催。そのため、北海道からは従来の2チームに開催地代表チームを加えた3チームが出場している。

 例年よりも全国大会出場の難易度は低めに感じるかもしれないが、旭川実の富居徹雄監督は「プレッシャーはありました」と振り返る。前回の北海道インターハイにおける男子サッカー競技は室蘭開催だったが、地元の室蘭大谷(現・北海道大谷室蘭)は予選で敗退。“今回こそ旭川開催だから旭川実に出てほしい”といった周囲の期待は耳に入っていた。

 道予選で接戦をモノにし続けて、掴んだ地元インターハイの出場権。“絶対に出なければいけない”と感じていた周囲の期待は、チームの大きな力になっていく。初戦の会場となった東光スポーツ公園球技場は学校から車で20分ほどの場所にあるグラウンド。仲間を応援しようとインターハイ出場を間近に控えた女子バレーボール部、バドミントン部の選手などを除いた800人以上の生徒が応援に駆けつけた。保護者やOB、地元関係者を合わせた観客の数は1600人。ピッチの周りをぐるりと囲い込んだ光景は完全にホームゲームのそれで、控え部員が陣取ったゴール裏の熱量はJクラブと見違うほどだった。

 迎えた初戦(2回戦)の帝京長岡(新潟)戦。声援に背中を押された選手たちはキックオフと同時に勢いよく試合に入り、前半13分にはFW和嶋陽佳(3年)の左クロスから、MF鵜城温大(3年)が先制点をマークする。応援のボルテージも高まり、会場の雰囲気を完全に旭川実一色に染めると21分、35+2分にも鵜城が連続ゴールを叩き込み、一気に3点差まで引き離した。
 
 対する帝京長岡も旭川開催で全校応援があるのは聞き及んでいた。「日の丸を背負って海外に行かないと完全アウェーという試合は経験できない。日本の中ではアマチュアが経験できることではないので、これは自分たちが成長できるチャンスだからね。ありがたく受け入れて、この舞台で思い切り暴れようと追い出し方をした」。そう振り返るのは谷口哲朗総監督だ。

 前半は積極的な姿勢を示せなかったが、大量リードを許して気持ちが吹っ切れた後半は持ち前のパスとドリブルを巧みに使い分けるスタイルで、旭川実を押し込み、後半6分には1点を返した。
【関連記事】
前回覇者・前橋育英がPK戦で初戦突破! 大津に競り勝った市立船橋、青森山田、岡山学芸館などがベスト16に進出!【総体2回戦まとめ】
プレミア勢対決で飛び出したゴラッソが半端ない!“ロベカル級”の一撃をぶち込んだU-17代表候補の市立船橋SB内川遼は何者か【総体】
選手権王者のプライドと積み重ねを証明するために。岡山学芸館のGK平塚仁は感謝の気持ちを胸にゴールマウスを守る【総体】
高川学園を16強に導いたエースFW山本吟侍の“大きな変化”。ボルシアMGの日本人ストライカーから刺激を受け...【総体】
神村学園を撃破する2発でキラリと光った“東邦のネイマール”。強さも速さも兼備する2年生FWの進化が止まらない!【総体】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ