• トップ
  • ニュース一覧
  • 高川学園を16強に導いたエースFW山本吟侍の“大きな変化”。ボルシアMGの日本人ストライカーから刺激を受け...【総体】

高川学園を16強に導いたエースFW山本吟侍の“大きな変化”。ボルシアMGの日本人ストライカーから刺激を受け...【総体】

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2023年07月30日

渾身のボレー弾で2戦連発!

高川学園のFW山本が2戦連発でチームをベスト16に導いた。写真:安藤隆人

画像を見る

[インターハイ2回戦]高川学園4-0札幌創成/7月30日/忠和公園多目的広場B

 エースストライカー山本吟侍が、2戦連発で高川学園をベスト16に導いた。

 初戦の金沢学院戦(4-1)では2点目と4点目をマークすると、札幌創成との2回戦ではスコアレスで迎えた前半21分、MF佐藤大斗のクロスに、ワントラップから倒れ込みながらボレーシュートを叩き込んだ。

 このゴールがきっかけとなり、チームは勢いに乗って大量4ゴール。4-0とクリーンシートでの勝利を手にした。

「大斗からクロスが上がってくるなと思ったのですが、(FW山中)大樹がうまくマークを引き連れて走ってくれたので、待っていればボールは来ると思いました。自分に対してもディフェンスが突っ込んでくることが分かったので、トラップをあえてずらしてから振り抜きました」
 
 渾身のゴール。得点王に向けて走り出している山本のプレーは、実に躍動感に満ちている。1年時から出番を掴み、国立競技場でのプレーを経験し、年代別代表に選出されるなど、注目度の高いストライカーではあったが、最高学年となった今年は大きな変化が見える。

 その変化は前線でのスプリントの回数だ。昨年までは最前線で張って、ポストプレーが多かったが、前線でのアクションが格段に増えたのだ。幅広く動いて、常に裏を狙いながらショートスプリントをこまめに仕掛ける。さらに、前線からの守備も相手に向かって迫力あるプレスを見せるようになった。その変化について聞くと、山本はすぐにその答えを口にした。

「スプリントコーチの方と走ることに特化したトレーニングをするようになって、だんだん走ることが楽しくなったんです」
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
【関連記事】
前回覇者・前橋育英がPK戦で初戦突破! 大津に競り勝った市立船橋、青森山田、岡山学芸館などがベスト16に進出!【総体2回戦まとめ】
「盛り上がりが違う」冬の選手権出場を転機に“サッカーの町”にも変化! 新生・国見が真の名門復活にかける秘めた想い【総体】
【出場校一覧】2023年度インターハイの代表校を総チェック!
きっかけは三笘薫。ぐいっと一歩前に出る尚志の安斎悠人は、厄介なドリブラーに変貌を遂げつつある【総体】
神村学園を撃破する2発でキラリと光った“東邦のネイマール”。強さも速さも兼備する2年生FWの進化が止まらない!【総体】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ