• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ゾノとヒデと城が詰め寄ってくる圧力」西野朗の守備戦術にNO!“マイアミの奇跡”1週間前の秘話「こいつら本気なんだなと思った」

「ゾノとヒデと城が詰め寄ってくる圧力」西野朗の守備戦術にNO!“マイアミの奇跡”1週間前の秘話「こいつら本気なんだなと思った」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年06月24日

「西野さんは受け入れてくれる監督だった」

アトランタ五輪で日本はブラジルに1-0で競り勝つ。“マイアミの奇跡”として語り継がれる歴史的勝利だ。(C)Getty Images

画像を見る

 元日本代表監督の西野朗氏が、前園真聖氏のYouTubeチャンネル『おじさんだけど、遊んでもいいですか?』に出演。2人が共闘した1996年アトランタ五輪を振り返った。
【動画】西野朗×前園真聖、アトランタ五輪を語る
 28年ぶりに世界の扉を開いた当時の五輪代表チーム。西野氏が指揮官、前園氏はキャプテンを担った。

 本大会の初戦の相手は強豪ブラジル。決戦に向け、1週間前にメキシコとトレーニングマッチがあった。西野氏はブラジル戦を想定し、「ディフェンスを強調した戦い方」を落とし込んだ。本来は攻撃サッカーを志向するが、「現実的に考えて、ブラジルに対して、ポゼッションできるとか、主導でできるなんて思っていないから」。

 これに納得がいかなかったのだろう。前園氏ほか、主力メンバーの中田英寿や城彰二が試合後、西野監督に“直談判”したという。
 
「ゾノとヒデと城が詰め寄ってくる圧力。覚えていますよ、今も。終わったら、グラウンドでですよ、バーッて3人が。『もっと攻撃的に行きましょうよ』『もっとできますよ』みたいな感じで。あの迫力はね、こいつら本気なんだな、と思った」

 前園氏も指揮官とのやり取りはよく覚えていて、「それ以外にもある」と言えば、西野氏も「氷山の一角。一番インパクトに残っているのがそれ」と明かす。

 選手と監督が腹を割って話せる関係性があった。前園氏は「西野さんはそれを受け入れてくれるというか、(意見を)言える監督だったから」と回想。選手の主張をはねつけるのではなく、受け入れて、より良い方向へ導く西野氏の手腕で、チームは1つにまとまった。

 周知のとおり、アトランタ五輪の日本はグループステージで敗退。ただ、ブラジルには1-0で勝利。世紀の番狂わせは“マイアミの奇跡”として今も語り草だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「あの人はやばかった」「センスの塊」城彰二がマリノス移籍時に驚かされた“天才MF”は? 中村俊輔ではなく…

「フリー! なんで俺が言ってんだよ」U-17指揮官のセルフツッコミが話題! 佐藤寿人も感嘆の熱い言葉も「ポスト、バーに当たっても1点じゃねーぞ!」

「愚かな行為。彼の態度は傲慢で幼稚」久保建英が謝罪した“ユニ放置”にペルー連盟幹部が憤慨「日本の文化を表わしていない」
【関連記事】
「凄い豪華」「カッコよすぎ」前園真聖&中田英寿、ゴルフ場での仲良し2ショットに反響続々!
「ブラジルに勝っても、それほど…」“マイアミの奇跡”に西野朗は複雑な想いも「勝ったとはいえ違うものがあった」
「あの人はやばかった」「センスの塊」城彰二がマリノス移籍時に驚かされた“天才MF”は? 中村俊輔ではなく…
「狂気のカラダよ!」スイス代表のブロンド女子が“女王様ボンテージ”姿でファン瞬殺!「強烈なインパクト」
「反則レベルで可愛すぎる」なでしこ岩渕真奈が披露した“黒スポブラ姿”が反響!「ボクサーと勘違いするほどスリム!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ