• トップ
  • ニュース一覧
  • 【藤田俊哉の目】天皇杯の勝敗を分けた3つの精度。ガンバにあってレッズに足りなかったものとは?

【藤田俊哉の目】天皇杯の勝敗を分けた3つの精度。ガンバにあってレッズに足りなかったものとは?

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年01月02日

関根や高木にピンポイントの精度は見られなかった。

天皇杯では3戦連発中の李もゴールをこじ開けることはできなかった。藤田氏は、ラストパスの精度をポイントに挙げる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ガンバがレッズを下して天皇杯を制した。ノックアウト形式のトーナメント戦で大会連覇を成し遂げたのだから、彼らの勝負強さは賞賛に値する。しかもこの試合はガンバにとってシーズン60試合目になるという。見えない疲労がピークに達しているなかでも、ビッグタイトルを勝ち取ることができたのは、ガンバにタフで試合巧者な選手が多かった証拠でもあるだろう。
 
 ガンバにあってレッズに足りなかったものとはなにか――。試合に目を向けると、終始、ボールを支配していたのはレッズのほうだった。しかし、あらゆる“精度”という点でガンバのほうが一枚上手だった、というのが僕の印象だ。
 
 ひとつ目の精度の違いは、ラストパス。
 
 レッズには興梠という怖い選手が前線にいた。同点ゴールを決めた腰の回り方を見ても、キレの良さは感じられた。しかし、その彼のフィニッシャーとしての能力を引き出すための、ラストパスの精度がいまひとつだった。
 
 終盤になって“ガンバ・キラー”のズラタンもピッチに立った。チームとして1点を追う勢いこそ出ていたものの、フィニッシュのシーンを作り出すラストパスの精度の低さが、レッズの反撃ムードに水を差していた。ひと言でいうと、レッズはボールを回して崩していくなかで、アイデアと変化が足りなかった。
 
“崩し”をチームスタイルとするレッズにとって、ゴールをこじ開けるためには、ラストパスの精度がより求められる。終盤、関根や高木がその役目を担うことになったが、積極性こそ感じられたものの、ピンポイントの精度は見られなかった。
 
 決して高木のテクニックが低いと言っているわけではない。この日のプレーもノーミスだったし、左サイドで起点となっていた。ただ、つねに右足に持ち替えてチャンスメイクしていたから、レッズは左サイドを“えぐる”ことができなかった。左利きのクロッサーがいなかったのか、それともただ起用しなかったのかは分からない。例えば、FC東京の太田宏介のような左利きのクロッサーがいたら、李とズラタンのヘッドの強さももう少し生きてきたかもしれない。
 
【関連記事】
【天皇杯|採点&寸評】連覇達成のG大阪。細部の質で浦和を上回る
【G大阪】タイトルを手繰り寄せた「53分のCK」。“ブロック役”を担った今野泰幸と金正也が「緻密なサインプレー」を解説
【天皇杯】G大阪 2-1 浦和|遠藤、今野、明神のDNAを受け継ぐ若きボランチ。新時代を切り拓いた19歳の井手口が大舞台で示した可能性
【浦和】五輪最終予選メンバーに落選した関根貴大が、原口元気から受けた“強烈”なアドバイスとは?
【天皇杯/編集長の視点】G大阪2-1浦和|老獪なゲーム運びを可能にした司令塔・遠藤。守備陣に呼吸を整えさせる意味でも、“そのベテランの業”は効いていた

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ