本田の苦難に満ちた今シーズン前半戦をイタリア地元紙の各試合評価で振り返る

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年12月23日

出端を挫かれた開幕戦、下がる序列、そして最後に光明が……・

ガゼッタ紙の評価からも、本田の今シーズンの厳しい状況が窺い知れる。来る2016年、ここから巻き返しを図ることができるだろうか。写真は「存在感なし」と酷評された12節アタランタ戦。 (C) Alberto LINGRIA

画像を見る

 セリエAは先週末に行なわれた第17節をもって、2015年の全日程を終了した。
 
 ここでは、本ウェブでコラムを寄稿しているマルコ・パソット記者が所属する、イタリア最大の老舗スポーツ紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」による採点・寸評を通して、今シーズンここまでの公式戦における本田を振り返ってみよう。
 
――◇――◇――
 
◎セリエA
◇第1節・フィオレンティーナ戦(×0-2)
スタメン(39分間プレー)
採点5.5「ボールを得るために自陣深くまで下がってきていた。本田の幅広い動きとともに、ミランが抱える攻撃面の問題が垣間見えた。そして本田は、R・エリー退場の犠牲となった」
 
◇第3節・インテル戦(×0-1)
スタメン(81分間プレー)
採点5「トップ下としてボールには多く触れたが、F・メロに封じ込められた。そして前線のバッカとL・アドリアーノに、良いボールを供給することが全くできなかった」
 
◇第4節・パレルモ戦(○3-2)
スタメン(79分間プレー)
採点5「ボールを収めてから頭を上げるのに、あまりに長い時間がかかるという問題は今回も変わらず。味方の動きを何度も無駄にしてしまった」
 
◇第5節・ウディネーゼ戦(○3-2)
スタメン(64分間プレー)
採点5「ミハイロビッチ監督は本田を試合に出さなければならない、という項目が契約書にあるのでは? こんなレベルのトップ下は、ミランのレギュラーに相応しくない」
 
◇第8節・トリノ戦(△1-1)
途中出場(2分間プレー)
採点なし「常に本田を追いかけている日本メディアのために、ミランは終了間際に彼をピッチに送り込んだ。もはや立場は、完全に“控え”に変わった」
 
◇第9節・サッスオーロ戦(○2-1)
途中出場(1分間プレー)
採点・寸評なし
 
◇第10節・キエーボ戦(○1-0)
途中出場(6分間プレー)
採点なし「わずかのプレー時間だったが、そのなかでも3度、ボールを失っていた」
 
◇第11節・ラツィオ戦(○3-1)
途中出場(9分間プレー)
採点なし「FKのチャンスを得たものの、酷いキックだった。他には目立ったプレーはなし」
 
◇第12節・アタランタ戦(△0-0)
途中出場(18分間プレー)
採点5.5「彼がピッチのどこにいるのかも分からないぐらい、存在感がなかった」
 
◇第13節・ユベントス戦(×0-1)
途中出場(6分間プレー)
採点なし「本田の投入は、ミランにとって絶望的な選択肢のひとつだった。短い時間で、彼が魔法を生み出すという奇跡は起きなかった」
 
◇第14節・サンプドリア戦(○4-1)
途中出場(10分間プレー)
採点なし「わずかの出場時間だったが、素晴らしいパスを出した。しかし、バッカがこれを台無しに……」
 
◇第17節・フロジノーネ戦(○4-2)
フル出場・1アシスト
採点7「見事なノールックパスでアバーテの同点ゴールをアシスト。攻撃ではイニシアチブを取った。わずかに枠を外れたシュートも悪くなかった。本田はチェルチに比べて速さはないが、賢く、持続性がある」
 
※2、6、7、15、16節は出場なし

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ