引退を決意した澤穂希の光と影。彼女だからこそ背負った苦しみと味わえた喜びとは?

カテゴリ:日本代表

早草紀子

2015年12月18日

厚き世界の壁に跳ね返される日々も、サッカーの質を高めるための機会であり喜びだった。

15歳で代表デビューして以来、日本の女子サッカー界を牽引してきた澤。「なでしこジャパン」が躍動する現在に至るまでには、幾多の敗戦、悔し涙を乗り越えてきた。(C) Getty Images

画像を見る

苦しみを乗り越えて辿り着いた2011年のワールドカップ優勝。この大会で澤は得点王とMVPを獲得した。(C) Getty Images

画像を見る

“その時”がついに来てしまった。15歳で代表デビューして以来、代表戦出場通算205試合・83ゴール。20年に渡り、日本女子サッカーを牽引してきた澤穂希が引退を決意した。
 
 2011年の女子ワールドカップ優勝、バロンドール獲得、2012年ロンドン五輪で銀メダル。彼女が打ち立てた記録は数知れない。そのいずれも20年という月日をかけてゼロから積み上げていったものだ。
 
 日の丸を背負う先輩を必死に追いかけた中学時代から澤は目を引く存在だった。だが初めての世界大会だった96年アトランタ五輪後に、目を掛けてくれた先輩選手たちの多くが引退。この頃から、澤にとっても、日本女子サッカーにとっても苦しい戦いがスタートすることになる。
 
 今で言えば、U-20年代あたりの選手へと世代交代した代表は世界とは計り知れない差があり、アジアでもタイトルからは程遠い位置にいた。屈辱的な敗北を繰り返し、試合後に悔し涙を流す澤の姿を目にするのも決して珍しいことではなかった。
 
 けれど、世界に触れるたびに感じる“壁”は、澤をより貪欲にした。「もっと上手くなりたい」はもはや口癖。この時代の選手たちはサッカーの戦術、技術を凄まじい勢いで吸収していく。その姿勢は、より高度なものを求められるという環境に飢えているようにも見えた。
 
 角度を変えれば苦労と見られるかもしれないが、澤にとってはサッカーの質を高めるための機会であり、喜びだった。そしてついにドイツ・女子ワールドカップで手にした世界一。MVPと得点王に輝いた澤への注目もいやおうなしに高まっていった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ