【ビッグクラブの回顧録】“あの時”のバルサを振り返る Vol.23~2013-14シーズン ~

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年12月17日

モチベーションの低下で急降下…マドリード勢の席巻を許す。

あと1点が奪えず、カンプ・ノウで最大級の失意を味わうことに……。 (C) Getty Images

画像を見る

ビラノバの死を悼んだのはバルサ関係者だけではない。リーガの各試合、そしてCLでも、黙祷が行なわれた。 (C) Getty Images

画像を見る

 ティト・ビラノバが前シーズンに続いて指揮を執るはずだった2013-14シーズン。しかし唾液腺にできた悪性腫瘍の治療が済んでもなお、彼の健康状態は優れず、リーガ開幕まで1か月を切ったところで、アルゼンチン人のヘラルド・マルティーニが新監督として招聘された。
 
 母国のクラブ、パラグアイのクラブ&代表チームの監督を歴任し、実績も上げてきた彼への評価は欧州でも非常に高く、スペインではバルサ以外にも複数のクラブがオファーを出していた。
 
 現役時代は地元ロサリオのクラブ、ニューウェルスのスターだったマルティーノだが、メッシもロサリオ出身であり、彼の父ホルヘにとってマルティーノはアイドル的存在だったという。
 
 シーズン開幕前、クラブはCBの補強の必要性を感じていたが、これに対して新指揮官は現有戦力で十分に乗り切れると判断。しかし、後にこれがバルサを、そしてマルティーノ自身を苦しめることとなる。
 
 一方、攻撃陣にはサントスからブラジルの至宝、ネイマールを獲得。移籍金、年俸等を合わせたら140億円という多額の投資によるビッグトレードだったが、後にこの移籍にまつわる不正疑惑が浮上し、2014年1月に会長のサンドロ・ロセイが辞任する事態にまで発展した。なお、後任にはジョゼップ・マリア・バルトメウが就いている。
 
 少ない準備期間で、マルティーノがチームに植え付けようとしたのは、前線からの激しいプレスから始まる連動した守備だった。そして攻撃ではボールポゼッションを軸にしながらも、必要とあればロングパスやカウンターも用いるのが、“タタ”(マルティーノの愛称)のバルサだった。
 
 リーガではひとつの引き分けを挟んで開幕戦から13連勝(クラシコも含む)を飾ったバルサ。前半を折り返した時点で勝点50を稼ぐなど、長く首位を走ったものの、パスワークでの崩しを省略したカウンター攻撃の増加は、バルセロニスタの間で大きな議論の的となった。
 
 過去2シーズンで信じられないゴールショーを披露したメッシは、序盤は怪我がちでコンスタントにゴールを決められなかったが、代わりにネイマール、ペドロ・ロドリゲス、そして細かいパス回しよりロングボールによるスピーディーな攻撃の方が合っているアレクシス・サンチェスが、チームの得点数を増加させていった。
 
 しかし、守備の問題は改善されておらず、徐々に前線と最終ラインの間延びによって守備はもちろん、ゲームの支配力も低下。マルティーノ監督はこれを修正することができず、また誤った選手起用と交代策でチームをさらに苦しめることとなってしまった。
 
 背後からアトレティコ・マドリーが迫って来るさなか、25節に伏兵レアル・ソシエダに痛い敗戦。ここからチームはひたすら降下していく。そして最終節、勝った方が優勝という直接対決を1-1で逃げ切られ、カンプ・ノウでマドリードのチームの歓喜する姿を眺めるという、これ以上ない屈辱を味わった。
 
 さらにカップ戦でも、チャンピオンズ・リーグ(CL)では準々決勝でやはりA・マドリーに敗れ(2試合合計1-2)、国王杯決勝でもレアル・マドリーの軍門に降る(1-2)など、マドリード勢(CLもマドリード・ダービーの決勝でレアルが優勝)に何度も精神的なダメージを与えられた。
 
 選手のモチベーションも低く、頼みのメッシも過去2シーズンの半分近くまでゴール数が減少したこのシーズン。バルサは無冠に終わり、チームのマネジメントに失敗したマルティーノは、1年でバルサを去ることとなった。
 
 ところで、シーズンも大詰めの14年4月、バルサはソシオ投票によって老朽化したカンプ・ノウの全面改装を決定。2021年完成予定ということで、バルセロニスタには将来に向けての大きな楽しみが提供された。
 
 一方でこの月には、悲しいニュースがバルサに舞い込んだ。療養中だったビラノバの容態が悪化し、4月25日に息を引き取ったのである。享年45歳。バルサに関わる全ての人々が、伝統の若き継承者の早すぎる死を心から惜しみ、冥福を祈った。

監督:ヘラルド・マルティーノ(アルゼンチン)
その他の主なプレーヤー:GK ピント、DF アドリアーノ、バルトラ、モントーヤ、プジョール、MF セスク、ソング、S・ロベルト、ジョナタン、FW ペドロ、テージョ、アフェライ

画像を見る

1年目のネイマールは大爆発とはいかないまでも、今後に期待を持たせるプレーを見せた。ちなみに彼や後方のメッシが着ているTシャツの「DOBLE(ドブレ)」とは、このシーズン限りでのバルサ退団が決定していたビクトール・バルデスの愛称。30節のセルタ戦で右ひざに重傷を負って戦列を離れた守護神にエールを贈るため、31節のエスパニョール戦でバルサの選手は全員、この装いでピッチに現われた。 (C) Getty Images

画像を見る

◎2013-14シーズン成績
リーガ:2位(27勝6分け5敗・100得点33失点)
国王杯:決勝戦敗退(対レアル・マドリー)
チャンピオンズ・リーグ:準々決勝敗退(対アトレティコ・マドリー)
 
チーム内得点ランキング(リーガ):メッシ(28点)、A・サンチェス(19点)、ペドロ(15点)、ネイマール(9点)、セスク(8点)、イニエスタ(3点)、シャビ(3点)、アドリアーノ(3点)、ピケ(2点)、D・アウベス(2点)、テージョ(1点)、ブスケッツ(1点)、プジョール(1点)、バルトラ(1点)
 
◎主なトランスファー
◇IN

FW ネイマール(←サントス)
FW アフェライ(←シャルケ)
FW クエンカ(←アヤックス)
◇OUT

DF アビダル(→モナコ)
MF チアゴ(→バイエルン)
FW ビジャ(→アトレティコ・マドリー)
【関連記事】
【クラブW杯プレビュー】準決勝・バルセロナ-広州恒大|万全の状態のバルセロナに広州がどれだけ粘れるか
【クラブW杯】バルサの歌『イムノ』! 覚えて歌ってみよう!
【インタビュー】元バルサの司令塔シャビ「フットボール好きにとって、バルサの試合は見逃せない」
【バルサ来日記念4コマ漫画】「BARCAなヤツラ」第1回――再び電車に乗ったイニエスタだが…
【ビッグクラブの回顧録】“あの時”のバルサを振り返る Vol.22~2012-13シーズン ~
【クラブW杯】バルサ IN ジャパンの回想録・公式戦編――1992・2006・2011
【記事追加】バルサ IN ジャパンの回想録・親善試合編――1990・2004・2005・2007
【クラブ・ワールドカップ直前】リーベル・プレートが過去に日本で戦った4試合を回想――1986、96、97、2015夏
【番記者通信】さようなら、ティト・ビラノバ。その死を悼んで…|バルセロナ
【中村憲剛の欧州サッカー観戦記】今のバルサは“最強”じゃなくて“最恐”! チームの肝はブスケッツだ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ