• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】Vol.27 宇佐美貴史|丸4年招集なし…日本代表への思いを激白!「何歳になろうと変わらない」

【バイタルエリアの仕事人】Vol.27 宇佐美貴史|丸4年招集なし…日本代表への思いを激白!「何歳になろうと変わらない」

カテゴリ:連載・コラム

有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年04月29日

自宅で観戦したカタールW杯はどう映ったのか

2019年3月を最後に日本代表から遠ざかる宇佐美。だが、心の中の火が消えることは決してない。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 攻守の重要局面となる「バイタルエリア」で輝く選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第27回は、ガンバ大阪のFW宇佐美貴史だ。

 前編ではG大阪の現状やバイタルエリアの攻略などを語ってもらった。後編となる本稿では“代表”について訊いた。
 
 宇佐美はプラチナ世代の一員として、各年代の日本代表で活躍。A代表からは19歳で初招集を受け、ロシア・ワールドカップ(W杯)の舞台にも立った。しかし、現在は2019年3月を最後に、丸4年代表から遠ざかっている。

 5月6日には31歳となる。ベテランに足を踏み入れた宇佐美が抱く、「日の丸への思い」とは。そして自宅で観戦したカタールW杯はどう映ったのか。胸の内に迫った。

――◆――◆――
 
 代表から目を切ってプレーしている選手なんていないと思います。それは何歳になろうと変わりません。代表にいる選手も、物凄くレベルが上がっていて、行けばかなり刺激がもらえる場所ですし、何歳になっても「選手として成長したい」「上手くなりたい」気持ちはあるので、そこに拍車をかけてくれる舞台だと思います。もちろんやりがいもあるし、一切目を切ることなくやっていきたいです。

 Jリーグで結果を出したから、確実に呼ばれるという舞台ではなくなってきていますが、選ばれるためには絶対的に結果が必要です。常に自分がやるべきことをしっかりやっていくなかで、もちろん狙っていきたい舞台ではあります。

【動画】「相変わらずシュートがうめぇ」ガンバ主将・宇佐美の冷静フィニッシュ!

 カタール・ワールドカップで日本は相手に引けを取っていなかったと思いますし、普段から高いレベルでプレーしている選手たちが、個で打開していくシーンが非常に多かった印象です。純粋に選ばれていない立場として見ている分には凄いなと思いましたね。スペインやドイツと戦ってしっかり勝ち切ったあたりもそうですし、たくさんの刺激をもらいましたね。
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.27 宇佐美貴史|7番の主将が引っ張る新生ガンバは「強くなっていっている最中」
【バイタルエリアの仕事人】Vol.26 満田誠|常にシュートの選択肢を持つ。チャンスだからこそ、逆に落ち着いて、平常心で何も考えない
【バイタルエリアの仕事人】vol.25 キャスパー・ユンカー|一番大切なのは自分の直感。日本のDFはスピードがあるので…
【バイタルエリアの仕事人】vol.24 小川航基|磨き上げた“ワンタッチゴール”。一瞬で描かれるシュートへのイメージ
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|「僕を目指してはだめ」黄金世代の“天才”が子供たちに伝えたい“努力”の重要性

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ