• トップ
  • ニュース一覧
  • 【採点寸評|湘南】王者に冷や汗をかかせたポジティブな内容に。指揮官の采配も的中[J1第8節 湘南1-1横浜]

【採点寸評|湘南】王者に冷や汗をかかせたポジティブな内容に。指揮官の采配も的中[J1第8節 湘南1-1横浜]

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2023年04月16日

自分たちの形を存分に発揮

【警告】湘南=タリク(32分)、畑(69分)、杉岡(90+1分) 横浜=渡辺(68分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】鈴木章斗(湘南)

画像を見る

 Jリーグは4月15日、J1第8節の湘南ベルマーレ対横浜F・マリノスを開催。1-1のドローで決着した。

 お互いにチャンスを作るも決めきれず、前半はスコアレスで折り返す。そのなかで先制したのは横浜だった。65分、相手のパスミスを見逃さなかった水沼宏太がボールを奪い、前方に縦パスを供給。これを受けたアンデルソン・ロペスが、右足の強烈なシュートをゴールに突き刺した。

 湘南はアウェーチームに主導権を握られる展開のなか、81分、左サイドの杉岡大暉からのクロスに反応した鈴木章斗がゴールに流し込み、同点に。試合はこのまま痛み分けに終わった。
 
▼湘南のチーム採点「6.5」
 前半の立ち上がりは、強度の高いハイプレスで相手のビルドアップを機能不全に陥れた。2トップの町野修斗、阿部浩之が守備のスイッチを入れて、タリク、平岡大陽がパスの受け手を猛追した。

 アンカーの永木亮太の脇を狙ってきた横浜のA・ロペスとマルコス・ジュニオールにボールが渡る前に潰し切るという狙いだったのだろう。何度かカウンターを許したが、昨季王者に冷や汗をかかせた前半だったと言える。

 しかし後半、アウェーチームに何度か押し込まれると、自陣でのパスミスから失点。3節の川崎戦(1-1)も似た形から失点を許しているため、プレー精度向上は追求の余地がある。

 これまで先制を許した後にペースダウンしてしまう試合が多く見られた湘南だったが、今節は違った。プレスからもう一度流れを引き戻すと、途中投入の鈴木章が同点ゴールをマーク。ベンチスタートの畑大雅や山田直輝もゴールに絡み、指揮官の采配が的中した。

 結果、1-1のドロー決着。昨季はホームで1-4、アウェーで0-3と大敗を喫した相手に対して、自分たちの形を存分に発揮できた今節。「継続しているスタイルは間違っていない」という自信を深められたはずだ。

 終盤にも決定機が訪れただけに、勝てた試合だと思われるかもしれないが、チームの成長を実感できたという意味でポジティブなゲームだった。
 
【関連記事】
【採点寸評|横浜】「勝点2を失った」ドロー。“決め切れていれば”の場面が散見[J1第8節 湘南1-1横浜]
システムは驚愕の2—6—2!! 元日本代表・橋本英郎が選ぶJリーグ歴代最強イレブン
「他のFWよりも使える」闘莉王が“国内組”町野修斗と西村拓真の森保ジャパン定着に太鼓判!「注目して、さらに見ていきたい」
三笘薫はフル出場で攻撃を活性化!ブライトン、19歳の衝撃ゴラッソで不調チェルシーに逆転勝利!欧州行きへ貴重な勝点3
「俺らのせいだよ。でも…」4連敗の鹿島、鈴木優磨が試合後にサポーターとやり取り。スタンドから「気持ちがねーんだよ」の声も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ