【2015総括】G大阪編|過密日程のなか「ACLベスト4」と「CS出場」は評価に値。CS出場はGK東口の働きがあってこそ

カテゴリ:Jリーグ

下薗昌記

2015年11月27日

第2ステージ以降は、倉田をキーマンに「単なる堅守速攻」からの脱却を図った。

今季は勝負どころでたびたびチームを救うビッグセーブを見せた。東口の存在がなければCS出場はなかったはずだ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1第2ステージは広島が優勝。年間勝点では浦和を抑えて広島が頂点に立ちレギュラーシーズンは幕を閉じた。今季の34試合をJ1全18チームはいかに戦ったのか? 各チーム担当記者が、11月22日で今季最終戦を迎えた2015シーズンを振り返り総括する。
 
――◆――◆――
 
ガンバ大阪
年間成績:3位 勝点:63 18勝9分7敗 56得点・37失点
第1ステージ成績:4位 勝点:32 9勝5分3敗 24得点・13失点
第2ステージ成績:3位 勝点:31 9勝4分4敗 32得点・24失点
 
【2015シーズンの出来を点数で表わすと?】
85
 
 開幕前に遠藤が公言した「狙うのは年間勝点1位」の目標は果たせなかった。年間3位でチャンピオンシップ(CS)に辛うじて滑り込んだものの、年間1位の広島に勝点差9を付けられており、昨季王者としての立ち位置を考えれば不甲斐なさも残る。
 
 最終節を終えて、FC東京と入れ替わる形でCS出場権を得た直後、遠藤は「もともと目指していたのは、ファーストステージとセカンドステージ優勝」と振り返ったが、同時にこんな本音も漏らしている。「これだけハードな日程のなかで安定して戦えたのは自信になる」。
 
 今季、日本で最も過酷な日程を強いられたなか、補強の失敗もあり、少数精鋭での戦いを余儀なくされた。総力戦となったACLでは広州恒大に地力の差を見せつけられたが、Jリーグ勢で唯一のベスト4進出は評価に値する。ACLとリーグ戦の二兎を追いながら、第2ステージのアウェー鹿島戦、ホームの浦和戦では、三冠王者らしい勝負強さも発揮した。
 
 チームのスタイルに大きな変化はないが、パトリックの推進力と宇佐美の得点力を前面に押し出した昨季の布陣からマイナーチェンジ。第2ステージ以降は、攻守でハードワークする倉田をキーマンに、単なる堅守速攻からの脱却を図った。
 
 ACLベスト4進出に加え、CS出場は評価に十分値するもので、今季の出来はやや高めの「85点」とした。
 
【今季のチームMVPは?】
東口順昭
 
 昨年、逆転優勝を果たした直後、長谷川監督が「リーグ戦のMVP」と称賛した守護神は、今季も抜群の安定感を見せた。リーグ戦では、広島戦でこそ負傷交代したが、それ以外はフル稼働。昨季ほど堅さのない守備にあって、ファインセーブで何度もチームを救った。劣勢の展開でこそ燃える背番号1の存在なくして、CS出場は実現し得なかった。
 
文:下薗昌記(サッカーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ