• トップ
  • ニュース一覧
  • 【採点寸評|浦和】連敗ストップの今季初勝利! 選手同士の距離感が良く、サイドからの攻撃に迫力[J1第3節 浦和2-1C大阪]

【採点寸評|浦和】連敗ストップの今季初勝利! 選手同士の距離感が良く、サイドからの攻撃に迫力[J1第3節 浦和2-1C大阪]

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年03月05日

今後に期待を抱かせる一戦

【警告】浦和=なし C大阪=香川(86分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】安居海渡(浦和)

画像を見る

 3月4日にJ1リーグ第3節が各地で開催。浦和駒場スタジアムでは浦和レッズ対セレッソ大阪が行なわれ、2-1で浦和が勝利した。
【PHOTO】浦和の出場15選手&監督の採点。安居はワンチャンスを活かして決勝弾。攻撃の潤滑油になった興梠
 先制したのはC大阪。33分、相手のオウンゴールでリードを奪う。

 浦和は1点ビハインドで迎えた後半、61分にアレクサンダー・ショルツのPKで試合を振り出しに戻す。開幕から2戦続けて0-2と無得点で連敗していた浦和にとって、これが今季初得点に。

 同点に追いついた浦和はさらに82分、勝負を決するゴールを奪う。テンポの良いつなぎから、最後は途中出場の安居海渡が狙いすました右足シュートでネットを揺らした。

 その後はC大阪の反撃を抑え込んだ浦和が、待望の今季初白星を挙げた。
 
▼浦和のチーム採点「6.5」
 2003年以来20年ぶりとなった浦和駒場スタジアムでのホーム開幕戦で、連敗を2で止めて今季初勝利。劇的な逆転勝ちで、試合を通じて優勢だった。

 攻撃では、序盤からボールを握る展開に持ち込む。1トップに入った今季初先発の興梠慎三が、柔軟なポジショニングとパスワークで中央からの攻撃にリズムを生んだ。選手同士の距離感が良く、サイドからの攻撃も迫力があり、堅いブロックが持ち味のC大阪を相手に再三決定機を作った。

 守備では、前節までのハイプレスは目立たなかったものの、中盤での争いで優位に立ち、C大阪の前進を阻む。数少なかったピンチが不運なオウンゴールにつながったが、ショルツとマリウス・ホイブラーテンの両センターバックを中心に安定感が光った。

 また、途中出場で決勝点を決めた安居は、本来のボランチではなくトップ下で起用された。マチェイ・スコルジャ監督の独自の“色”も見られて、今後に期待を抱かせる一戦だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】待ちに待ったホーム開幕戦!聖地駒場に浦和レッズサポーターの“We are Diamonds”が響き渡る!

【厳選ショット】20年ぶりの聖地駒場開幕戦。安居海渡のJ初ゴールで今季初白星!一方、香川真司出場も白星遠く…|J1第3節 浦和2-1C大阪
【関連記事】
20年ぶりに“駒場”でホーム開幕戦を迎えた浦和、満員のサポーターがKO前から熱い応援で会場を盛り上げる!
浦和のクラブW杯出場が確定か! ACL決勝の相手が“開催国”アル・ヒラルに決定、前回王者が圧倒的強さを見せつけファイナル進出
「Jリーグではやりづらい」「無理に決まっている」闘莉王が浦和のハイプレス戦術をバッサリ!古巣の進むべき道とは?
【採点寸評|浦和】興梠の投入で攻撃が活性化も…ペースを握った時間帯で決めきれず連敗[J1第2節 横浜2-0浦和]
「絶対1発はねぇーだろう!」「DF誰も競れなくなる」横浜OBが永戸勝也の退場を疑問視。指揮官は「審判も難しかったと思う」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ