• トップ
  • ニュース一覧
  • 20年ぶりに“駒場”でホーム開幕戦を迎えた浦和、満員のサポーターがKO前から熱い応援で会場を盛り上げる!

20年ぶりに“駒場”でホーム開幕戦を迎えた浦和、満員のサポーターがKO前から熱い応援で会場を盛り上げる!

カテゴリ:サッカーダイジェストWeb編集部

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年03月04日

場内では20年前当時のチーム紹介も

ホーム開幕戦を前に、盛り上がる浦和サポーター。写真:鈴木颯太朗

画像を見る

“20年ぶりのホーム開幕戦”に、スタンドが赤く燃え上がっている。

 Jリーグは3月4日、J1第3節の8試合を各地で開催。浦和駒場スタジアムでは、浦和レッズ対セレッソ大阪が行なわれる。

 近年は埼玉スタジアム2002でのホーム開催試合が多かった浦和にとって、1993年のJリーグ開始当初から本拠地だった“駒場”でのホーム開幕戦は、2003年の名古屋グランパス戦(0-0)以来、実に20年ぶりとなる。
 
 試合前の場内案内では、03年当時の浦和の監督がハンス・オフト氏で、選手として鈴木啓太氏や長谷部誠が在籍していたと紹介された。

 そんな“歴史的一戦”となるC大阪戦。試合開始1時間30分前の時点で、浦和側のゴール裏席は満員。そして、キックオフ約40分前に始まった応援では、試合中さながらの大きな声がピッチに送られた。

 浦和は、開幕戦がFC東京、第2節は横浜F・マリノスに共に0-2で敗戦。連敗を止めて、23年の初勝利なるか、試合は、15時4分キックオフ予定だ。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
【関連記事】
「スウェーデンより進んでいる」浦和MFモーベルグが日本で受けた“衝撃”を母国紙に語る!「とても気に入っている」と称賛したのは?
「まるで神のように扱ってくれる」浦和FWシャルク、日本で“圧倒されたこと”を告白!「人生が変わる。美しい国だ。人々は…」
開幕から2戦続けて0-2…それでも浦和の選手が手応えを口にするワケ。小泉佳穂と明本考浩で一致したチームの長所と課題
「今までで最も危険」孤軍奮闘の久保建英、現地メディアから“最高評価”相次ぐ!「見事なお膳立てに素晴らしいパス」
「日本のようにプレーできるのは30年か50年後」冨樫Jに敗れたU-20中国代表を母国の有名評論家がバッサリ!失点シーンを酷評「7、8歳の子どもか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ