• トップ
  • ニュース一覧
  • 【福岡】5年ぶりのJ1昇格へ。躍進したチームを率いる井原正巳監督の現実的思考に迫る!

【福岡】5年ぶりのJ1昇格へ。躍進したチームを率いる井原正巳監督の現実的思考に迫る!

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2015年12月06日

「理想にこだわり過ぎず、現有戦力を活かすやり方を模索してきた」

井原監督は「理想は、まず勝つこと」とあくまで現実路線。その手腕は見事というほかなく、選手交代も的確だ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 就任1年目からしっかりチームを掌握し、アビスパ旋風を巻き起こした指揮官の手腕は、見事というほかない。昨季16位のクラブを5年ぶりのJ1昇格に導いた井原監督の哲学に迫る。
 
――◆――◆――
 
――福岡はプレーオフ進出を決め(注/取材は11月4日に実施)、39節終了時点で2位の磐田と勝点2差(※41節終了時点で勝点差なし)の3位です。自動昇格も狙える位置にいますが、率直にここまでの手応えは?

 夏場以降に戦術が固まり、安定した戦いができていると思います。勢いも出てきたし、結果がついてきたので雰囲気も良い。自動昇格を狙える位置にいるのは大きいですね。

――今季を振り返ると、開幕当初は3連敗と出遅れました。そこからどうチームを立て直したのですか?

 4バックでスタートしましたが、3節の札幌戦で3バックに変えました。引き分けにさえ持ち込めなかった開幕3試合のなかでも、札幌戦が一番良かったので、4節からしばらく3バックで戦いました。あの頃は最下位に落ちて開き直れた部分と、とりあえず勝点1を拾うという割り切りがありました。理想にこだわり過ぎず、現有戦力を活かすやり方を模索してきました。

――開幕前に、「理想はあるが、それが通じなかったら現実的なものに変えなければいけない」という話をされていました。

 一般的に理想と言うと、ボールポゼッションで相手を上回り、自分たちが主導権を握って勝つサッカーになりますよね。それができれば、確かに観ている人も楽しい。ただ、僕自身の理想は、まず勝つこと。所属選手を活かしてどういうサッカーをすれば勝てるかを見極めて、その理想に近づけていきます。

――選手ありきでチームを組み立ててきたわけですね。

 個の質をどう組み合わせていくかで、チームの理想が決まると思っています。もちろん、質の高いサッカーを目指しますが、現実的にチームに合うやり方も探さなければいけないということです。

――3連敗の後にパスサッカーを捨てたというか、前線に素早く当てるスタイルに変えた印象があります。

 確かに変えました。後ろからつなぐサッカーもできれば良いと思っていましたが、それよりもうちの一番のストロングポイントを活かす方向に舵を切りました。中原(貴之)ら前線の選手たちの特長を考えると、ボールを前に入れて勢いを持って押し込んだほうが、チーム全体のパフォーマンスが上がりますからね。

――開幕当初に比べて、守備も安定した印象です。

 開幕3試合で7失点した後、大幅に修正しました。前から行くのか、引くのかハッキリしなかったので、ブロックを作ってオーガナイズしていこうと。少し守ってカウンター的なサッカーに切り換えられたことが、流れを掴めた要因だったと思います。

――「攻守にアグレッシブなチームを作りたい」とも話していましたが、その点については?

 開幕の頃よりは、攻守に渡ってアグレッシブになった実感があります。夏場の厳しい時期は多少戦術を変えながらではありましたが、そのなかでもやれる範囲のアグレッシブな守備や攻撃はできた。今はチームとして高いアベレージを保てていると思います。
【関連記事】
【J1昇格プレーオフ決勝】中村が起死回生の一発!! 福岡が劇的ドローで5シーズンぶりのJ1へ!
【福岡】井原正巳監督を直撃!!「J1昇格へ、勝ち癖をつけることが非常に重要になる」
【J1・J2移籍動向/42クラブを網羅】最新移籍リスト
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】6連勝で自動昇格枠も視野に! 福岡の快進撃、その理由とは
【J監督去就予測】近年になく活発な動き。大物狙いの鳥栖、CS進出狙うFC東京、降格決定の清水などに注目!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ